ブログを含むクリーニングオンライン内の検索ができます

2013年12月19日

11月の百貨店売上、衣料品1.0%増

日本百貨店協会が平成25年11月の「全国百貨店売上高」を発表しました。
http://www.depart.or.jp/

調査対象百貨店85社242店のデータをまとめたもので、売上高総額は約5,654億円、前年同月比で2.4%増。2カ月ぶりのプラスとなりました。
11月の特徴としては、中旬以降の冷え込みによる冬物需要の高まりや、冬のボーナスアップへの期待感による消費マインドの改善、さらには円安を受けた将来の値上げ観測や消費税率引き上げ前の駆け込み需要などもあって、主力の衣料品が堅調に推移したほか、ラグジュアリーブランドや美術・宝飾・貴金属などの高額商材が引き続き好調さを維持した、としています。

衣料品を見てみると、売上高は1,971億9,871万9千円で、前年同月比1.0%増でした。
商品別では、
  • 紳士服・洋品 451億6,474万8千円 (前年比1.8%増)
  • 婦人服・洋品 1,266億3,320万9千円 (前年比1.3%増)
  • 子供服・洋品 117億1,548万5千円 (前年比1.5%減)
  • その他衣料品 136億8,527万7千円 (前年比3.4%減)
となっています。