ブログを含むクリーニングオンライン内の検索ができます

2016年3月23日

2月の百貨店売上、衣料品4.9%減

日本百貨店協会が平成28年2月の「全国百貨店売上高」を発表しました。
http://www.depart.or.jp/

調査対象百貨店82社237店のデータをまとめたもので、売上高総額は約4,446億円、前年同月比で0.2%増。2カ月ぶりのプラスとなりました。
2月の特徴としては、温暖な気候と閏年による営業日1日増などを要因に客足が好調に推移。衣料品は天候条件を受けて伸び悩む一方、身のまわり品、雑貨、食料品がこれをカバーした、としています。

衣料品を見てみると、売上高は1,313億2,968万8千円で、前年同月比4.9%減。4カ月連続のマイナスとなりました。
商品別では、
  • 紳士服・洋品 258億7,987万7千円 (前年比4.5%減)
  • 婦人服・洋品 851億997万2千円 (前年比5.8%減)
  • 子供服・洋品 104億5,570万8千円 (前年比1.1%減)
  • その他衣料品 98億8,413万1千円 (前年比2.2%減)
となっています。