ブログを含むクリーニングオンライン内の検索ができます

2016年5月30日

ドライでプリントの一部が色抜け

ミナ ペルホネンは、カシミヤガーゼ素材の商品の一部で、ドライクリーニングの後にプリントの一部が色抜けを起こす製品不良があると発表しました。
http://www.mina-perhonen.jp/news/201605/20/

対象商品は2015年9月から販売しているslow danceというカシミヤ100%、NV(ブラウン地にネイビーの蝶のプリント柄)のアイテム。ブラウス、ワンピース、ダウンマフラー、ヘアバンド。

ドライクリーニングの後にプリントの一部が色抜けを起こす商品があるため、同社ではこのような状態が生じた場合、交換対応するとしています。

なおこれは一定期間内に製造された生地固有の、生産過程のあり方による不良であることが判明しており、このプリント手法そのものに問題のある事象ではないとのこと。