ブログを含むクリーニングオンライン内の検索ができます

2016年8月1日

悲観的な従業員が多い業種は?米国の調査

米国で最も悲観的な従業員が多い職種はクリーニング店の作業員だと、Forbes JAPANが伝えています。
http://forbesjapan.com/articles/detail/13063

報酬情報サイトのペイスケールが米国内の労働者42万5,219人を対象に調査を実施。「自分の勤務先の見通しは明るい」にどの程度“同意”できるかを5段階で評価するというもので、業種別に最も明るい展望を持っていたのは「客室乗務員」「歯科医」「中等教育機関の教師」の順。

逆に最も悲観的な見方を示したのが「クリーニング店(工場)の作業員」で、勤務先の未来についての楽観度が32.6%低かったとしています。