ブログを含むクリーニングオンライン内の検索ができます

2016年9月7日

アクアとマイクロソフト、IoTサービスで協業

アクア株式会社(本社東京、杜鏡国社長)と日本マイクロソフト株式会社(本社東京、平野拓也社長)は9月7日、日本国内において家電とクラウドを組み合わせた家電IoTサービス開発の協業を行うことで基本合意したと発表しました。
http://haier.co.jp/images/2016/09/afcdac5c07c7c4eebd3a35e101a22f6b.pdf

第1弾として、業務用コインランドリー機器のIoT化を促進し、新たなサービスビジネス開発と提供を目標とするとしています。

概要としては、現在、オンプレミス上で管理している保有データをクラウド化し、コインランドリーの稼働状況に関するデータをビッグデータとして蓄積。
AQUA IT ランドリーをすでに導入している全国1,252店舗、約1万6千台以上の機器の稼働情報や売上情報、トラブル情報がリアルタイムにMicrosoft Azure上に蓄積、分析するサービスを提供していくとのこと。

AQUA ITランドリーの会員ユーザーは、従来通り、コインランドリーの空き情報の閲覧や洗濯終了メールの受信、キャンペーン情報などのDM受信に加え、新たに地図サービス連携や、ソーシャルメディアサービスとの連携、電子マネーや、他業種ポイントサービスとの連携なども使用可能にすることを視野にいれて、開発していく考え。