ブログを含むクリーニングオンライン内の検索ができます

2016年10月23日

9月の百貨店売上、衣料品8.9%減

日本百貨店協会が平成28年9月の「全国百貨店売上高」を発表しました。
http://www.depart.or.jp/

調査対象百貨店81社236店のデータをまとめたもので、売上高総額は約4,233億円、前年同月比で5.0%減。7カ月連続のマイナスとなりました。
9月の特徴としては、経済不安などによる先行きの不透明感から、消費者の節約志向が高まっていることに加え、天候不順や休日1日減などによる入店客数への影響も重なり厳しい商況となった。天候が高めに推移したことから衣料品の苦戦が続いている、としています。

衣料品を見てみると、売上高は1,337億1,957万8千円で、前年同月比8.9%減。11カ月連続のマイナスとなりました。
商品別では、
  • 紳士服・洋品 245億9,035万5千円 (前年比10.7%減)
  • 婦人服・洋品 898億4,850万8千円 (前年比8.9%減)
  • 子供服・洋品 91億4,052万8千円 (前年比8.9%減)
  • その他衣料品 101億4,018万7千円 (前年比3.6%減)
となっています。