ブログを含むクリーニングオンライン内の検索ができます

2017年7月26日

なかなか洗えていないもの、トップはカーテン

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)は、なんでもランキングで「汚れていると思いつつ、なかなか洗えていないものは?」アンケート調査を実施しました。
http://suumo.jp/article/nandemorank/rank/hitori_kyujitsu/16329/

汚れていると思いつつ、なかなか洗えていないもの1位は「カーテン」でした。次いで「スニーカー」「布団」「カーペット」「毛布」「シーツ」の順。

「取り付けているものから外す」「クリーニングやコインランドリーに持っていく」などのひと手間が必要なものが、なかなか洗えていないようです。

2017年7月25日

6月のチェーンストア販売、衣料品3.9%減

日本チェーンストア協会が平成29年6月度の「チェーンストア販売統計」を発表しました。
http://www.jcsa.gr.jp/

会員企業数56社(店舗数9,499店)の販売データをまとめたもので、総販売額は1兆401億2,621万円(前年比1.2%減)でした。
概況として、6月は食料品は、農産品が相場安の影響もあり苦戦、衣料品、住関品は、中旬までの低気温の影響もあり季節商品の動きが鈍かったことから、総販売額の前年同月比(店舗調整後)は、マイナスとなった、としています。

衣料品を見てみると、販売金額は953億9,084万円で、前年同月比3.9%減でした。
部門別では、
紳士衣料  184億5,710万円(前年比5.9%減)
婦人衣料  233億1,129万円(前年比6.5%減)
その他衣料 475億7,391万円(前年比1.7%減)

紳士衣料は、紳士衣料は、長袖カッターシャツ、イージーパンツ、カジュアルシャツ、ポロシャツなどの動きは良かったが、スーツ、スラックス、半袖カッターシャツ、半袖Tシャツなどの動きは鈍かった。
婦人衣料は、ジャケット、シャツ、ブラウス、カジュアルシャツ、Tシャツなどの動きは良かったものの、ワンピース、カットソー、ボトムなどの動きは鈍かった。
その他衣料・洋品は、紳士ホームウェア、紳士下着、婦人靴下、子供服、スクール水着、UV関連商品などの動きは良かったが、婦人パジャマ、紳士肌着、男児半袖Tシャツ、子供靴下、レイングッズ、浴衣などは不調に終わった。

2017年7月24日

CVSベイエリアが第1四半期決算を発表

株式会社シー・ヴイ・エス・ベイエリア(本社千葉市、上山富彦社長)が平成30年2月期第1四半期決算の連結業績(平成29年3月1日から5月31日)を発表しました。
http://www.cvs-bayarea.co.jp/ir/results.html

それによると、
  • 営業総収入 :74億4,300万円 (前年同期比0.8%減)
  • 営業利益  :5,200万円 (同68.5%増)
  • 経常利益  :4,900万円 (同26.3%減)
  • 四半期純利益:1,100万円 (同82.6%減)
でした。

決算短信によると、クリーニング事業については、マンションフロントやコンビニエンス・ストア店舗での便利、かつ、高品質のクリーニングサービスを提供しているほか、法人向けクリーニングでは、社員寮のほか、施設内における宿泊関連やホテル施設などの案件獲得に努めています。
また、自社工場と商品管理センターによる、制服のクリーニングからメンテナンス、在庫管理までを一元管理するメリットを活かしたトータルサービスの拡大を進めており、下期より新たな顧客向けにサービスを開始する見込みです。

個人のクリーニング需要は減少傾向が続いていますが、新規受託案件の獲得や既存顧客に向けた販促セールの実施など需要喚起に引き続き努めているほか、前期にクリーニング工程の一部に自動化設備を導入した自社工場では、作業効率の改善により経費削減が進んでおり、今後も収益性の向上を図っていくとしています。

当第1四半期連結累計期間における業績は、クリーニング事業収入3億6,400万円(対前年同期比6.6%増)、セグメント利益21百万円(対前年同期比27.7%増)となりました。

2017年7月21日

6月の百貨店売上、衣料品20カ月連続のマイナス

日本百貨店協会が平成29年6月の「全国百貨店売上高」を発表しました。
http://www.depart.or.jp/

調査対象百貨店80社229店のデータをまとめたもので、売上高総額は約4,720億円、前年同月比で1.4%。2カ月ぶりのプラスとなりました。
6月の特徴としては、円安株高で富裕層の高額消費やインバウンドが好調推移したことに加え、少雨高温の天候が夏の季節需要を押上げたほか、多くの店舗でクリアランスセールを6月末開始に前倒ししたことなど、プラス与件が重なった、としています。

衣料品を見てみると、売上高は1,355億8,279万5千円で、前年同月比0.5%減。20カ月連続のマイナスとなりました。
商品別では、
  • 紳士服・洋品 299億4,125万3千円 (前年比0.8%減)
  • 婦人服・洋品 869億8,196万円 (前年比0.6%減)
  • 子供服・洋品 84億2,714万1千円 (前年比4.6%増)
  • その他衣料品 102億3,244万1千円 (前年比3.2%減)
となっています。

2017年7月20日

ダニの知識と対策に関する調査、アース製薬

アース製薬株式会社(本社東京、川端克宜社長)は、全国の主婦600人を対象に「ダニの知識と対策に関する調査」を行いました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000023444.html

調査の結果、ダニ対策をしている人の中で8割の人が、

  • 布団を天日干しすれば、生きたダニは死滅する
  • 布団たたきをすれば、ダニを落とせる

といった、生きたダニの駆除には効果の薄い方法を「効果的なもの」と信じて実践していたことが判明しました。

同社によると、ダニの「熱」と「乾燥」に弱い性質を利用し、布団や毛布を洗濯機で丸洗いや、ふとん乾燥機を使用するなどの方法で駆除した後に、こまめに掃除機をかけることでその死骸を取り去るというような対策が有効だとしています。

2017年7月19日

「日本クリーニング新聞」1826号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2017年7月15日号(第1826号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 春総括と夏対策/概ね「良い春だった」の声
  • 九州北部豪雨・数件で浸水報告
  • 中部洗機/中洗楽展市場2017
  • 定員に求められるのは「知識」〜情報通信M・A
  • 特集・夏の需要喚起提案2017
  • 新JISウェットの品質評価/力量が問われる洗浄力
  • 不入流・第1回繁盛会開く〜今後の傾向と対策を講義
  • オゾン溶水で洗う・超強力殺菌消臭で衛生効果アップ

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2017年7月18日

2タックワイドパンツ、洗濯絵表示に誤り

株式会社バレリーは、パンツの一部で洗濯絵表示に誤りがあったと発表しました。
http://www.palgroup.co.jp/important/20170714-02/

対象商品はRIVE DROITEで2017年6月7日~28日まで販売した「2タックワイドパンツ」(品番RD17F0020010100)。
洗濯絵表示に手洗い表記がありますが、手洗いには対応していません。同社では回収、返金対応するとしています。

2017年7月14日

書籍「なぜ、ユニフォームは、働く人を美しく魅せるのか?」


なぜ、ユニフォームは、働く人を美しく魅せるのか?
〜仕事服(ユニフォーム)の「なぜ」と「魅力」をこの一冊に〜

著者:長尾 孝彦 (住商モンブラン株式会社社長)

【内容紹介】
ユニフォームで会社が伸びる?ユニフォームで一流スタッフが育つ? 国内の超大御所デザイナーや高級レストランのシェフ、そして今をときめく実業家によるインタビューも収録。国内最大級のユニフォームメーカー社長が職業ユニフォームを語った、経営者とマネジャー必読の教科書的一冊。

「クリーニング流通新聞」326号発行

クリーニング業界の業界紙「クリーニング流通新聞」2017年7月10日号(第326号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • コインLにマスコミ加熱〜厚労省はコインで調査
  • 中青会/業者数の減少はチャンス
  • ラクナ新本社の竣工披露
  • 日本リネンサプライ協会/新会長にベネック山田氏
  • JAFCA・ふとんクリーニングの品質認定
  • クリーニング接客プロの資格[CA]試験・全国3カ所で
  • クリーナーズ防炎協会・創立50周年で記念式典
  • 無理な売上アップより利益の出せる汗抜きを/AMG有馬義

2017年7月12日

品質は高いが価格は低い、サービス品質の日米比較

公益財団法人日本生産性本部は7月12日、「サービス品質の日米比較」を発表しました。
http://activity.jpc-net.jp/detail/01.data/activity001511.html

現在の日本のサービス品質を日本人および米国人がどう評価しているのかについて調査したもの。今回対象とした28分野のほとんどで日本のサービス品質が米国を上回ると認識する一方、日本のサービス価格は、 米国より低いと認識する分野も多くなっています。

クリーニングに関してみてみると、

日本と米国のサービス品質の差
(100=品質が同等、数値が大きいほど日本の品質が高い)
日本の方が品質が高い:日本人115.9/米国人103.2

日本と米国のサービス価格の差
(100=価格が同等、数値が大きいほど日本の価格が高い)
日本の方が価格が高い:日本人97.8/米国人97.4

サービス品質を評価する上で重視するポイント
日本人
  • 正確で信頼できるサービス提供:43%
  • 接客が丁寧:31%
  • 迅速にサービスを提供:30%
  • 従業員・設備が清潔:21%
米国人
  • 正確で信頼できるサービス提供:31%
  • 接客が丁寧:29%
  • 設備や道具の性能・見栄えが良い:28%
  • 顧客に進んで手を貸してくれる:28%


スキニーパンツ、縫い糸が切れるおそれ

株式会社シップスは、パンツの一部で着用時などで縫い糸が切れてしまうおそれがあると発表しました。
https://www.shipsltd.co.jp/news/24205/

対象商品は2017年3〜6月にSHIPS WOMENS取扱店で販売した「カラースキニーパンツ (WC:PIECEDYE COLOR SKINNY PT)」(品番:NO.313-11-2490)。
着用および脱着時など過度に力が加わった際、縫い糸が切れてしまうおそれがあることが判明したため、同社では回収、返金対応するとしています。

2017年7月11日

澤田グループ、九州大雨災害で募金活動

富山県の澤田グループは九州大雨災害義援金の募金活動を行っています。
http://ameblo.jp/northkikaku/entry-12291316479.html

富山第一ドライクリーニング各店舗をはじめ、グループ企業のパチンコホール、ボーリング場、ショッピングセンターなどに募金箱を設置し、義援金を募ります。

「ザ・サプライヤー」20号発行

テキスタイルレンタルの専門情報誌「ザ・サプライヤー」2017年夏季号(第20号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • CLEAN2017ラスベガスで開催
  • “座って投入”仕様のHaYaBuSa/東京リハビリ協会
  • ローコストで利益創出する次世代型工場/南九イリョー
  • エグゼクティブライン構築/プリンスホテルリネンサプライ
  • 新工場にクールミスト47台導入/ベネック関東支店第二事業所
  • 新生『アイナックス稲本』スタート
  • ホテル館内着の変化に対応するために/東都フォルダー工業
  • 人手不足…勤怠管理も省人省力化/クリーニングみわ
  • CLEAN2017でも好評得た最先端ERP/ABSランドリービジネスソリューションズ
  • ほつれない、にじまない、はがれない/EID SYSTEM
  • 純利益550万円を生んだECOMAX/松本日光舎
  • ワックスが品質とコストを左右/共栄産業
  • 損耗リネン品、まとめて回収・買い取り/橋本繊維
  • 白衣にも最適なマルチフォーマー/イツミ製作所
  • ローコスト高生産工場のつくり方(ケーエスシー・北川幸一)
  • リネン工場の現場改善&生産管理術(エムアイイーシーシステム研究所・伊藤良哉)
【ゼンドラ/ザ・サプライヤーのサイト】
http://www.zendora.co.jp/supplier.html

2017年7月10日

ニューワタナベ、1袋2,980円セール開催

株式会社ニューワタナベ(本社新潟市、渡邊滝博社長)は、恒例の「袋セール」を開始しました。上越タウンジャーナルが伝えています。
https://www.joetsutj.com/articles/37189783

指定の袋に衣類や小物を詰め込んで店に持ち込むと、一律1袋2,980円でクリーニングしてもらえるというキャンペーン。袋に入れられるものは上着、ズボン、スカート、ポロシャツ、ワンピース、ブラウス、ジャンパー、コート、セーターなど。足袋やネクタイ、スカーフなどの小物も5点まで入れることができます。

同社の夏恒例企画となっており、「袋にうまく詰め込むとクリーニング代金が1万円以上得になることも。家事の負担も減らすことができるので、この機会にぜひ利用して」としています。
http://www.wash.co.jp/nw/contents/sale/index.html

2017年7月8日

アイロンがけするヒューマノイド・ロボット

アイロンがけするロボット!をギズモード・ジャパンが紹介しています。
http://www.gizmodo.jp/2017/07/iron-man-the-one-that-irons.html

アイロン台でアイロンがけするのは、スペインのマドリード・カルロス3世大学の研究者たちが開発しているヒューマノイド・ロボット「TEO」。新しく開発されたアルゴリズムによってTEOは服についたシワを認識し、それをアイロンで取り除くことができるようになったそうです。

頭部に設置された深さも検知するカメラ・システムでシワを認識し、シワが特定されると取り除くための効率的なアイロンの道筋を計算。そのデータはTEOのサブシステムに送られ、アイロンをTEOが持ち上げてアイロンをかけるとのこと。

まだスピードは遅く、ポケットやジッパー、刺繍といった一般的な衣服の特徴を認識することができないそうですが、研究者たちは、アイロンがけ技能を改善させたいと考えているそうです。