2021年1月15日

CVSベイエリアが第3四半期決算を発表

株式会社シー・ヴイ・エス・ベイエリア(本社千葉市、上山富彦社長)が2021年2月期第3四半期決算の連結業績(2020年3月1日から11月30日)を発表しました。
http://www.cvs-bayarea.co.jp/ir/results.html

それによると、
  • 営業総収入 :55億4,300万円 (前年同期比30.5%減)
  • 営業利益  :△4億600万円 (ー)
  • 経常利益  :△2億7,700万円 (ー)
  • 四半期純利益:△5億9,300万円 (ー)
でした。

決算短信によると、クリーニング事業は、5月の緊急事態宣言の解除以降、取引先の営業再開に伴い、売上高は改善傾向が見られているものの、クリーニング需要の年間ピークは例年春先であることに加え、ホテルリネンにおいては依然として大幅な減少が続いているほか、在宅勤務の普及によるYシャツ、スーツのクリーニングの減少傾向が続いており、本格的な改善には さらに一定の期間を要する見込み。
この結果、当第3四半期連結累計期間における業績は、クリーニング事業収入6億円(対前年同期比34.9%減)、セグメント利益1,300万円(同72.7%減)でした。

2021年1月14日

きょくとうが第3四半期決算を発表

株式会社きょくとう(本社福岡市、牧平直社長)が2021年2月期第3四半期の業績(2020年3月1日から11月30日)を発表しました。
http://www.cl-kyokuto.co.jp/ir/

それによると、
  • 売上高   :40億2,700円(前年同期比24.2%減)
  • 営業利益  :△2億8,000万円(ー)
  • 経常利益  :△1億2,500万円(ー)
  • 四半期純利益:△3億3,800万円(ー)
でした。

決算短信によると、春の衣更えの最需要期に新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受け、その後のコロナ禍における在宅勤務の定着も含めて、来店客数の減少とスーツやワイシャツ等のビジネスウェアを中心としたクリーニングの入荷が大幅に減少し、売上高は大幅な減収。
営業面では「スニーカークリーニング」専用の水洗機・乾燥機を増設。加えて11月からは、宅配クリーニング「PORTERS(ポーターズ)」を広島市内エリアでスタート。
一方で、事業の効率化のため6工場の閉鎖統合と不採算店の閉鎖を行いました。

ノムラクリーニング、コロナ対策で臨時休業日

株式会社ノムラクリーニング(本社大阪府八尾市、河野朋弘社長)は新型コロナ対策として、従来の定休日(毎週木曜日)に加えて毎週水曜日を「臨時休業日」とすることを発表しました。

お客様ならびに従業員の健康と安全のための対策で、直営店舗は毎週水曜日・木曜日を休業日とするとのこと。実施期間は2021年1月13日から3月31日まで。
店舗によって営業するケースや実施期間が異なる場合があり、同社ではホームページで案内しています。

2021年1月13日

「クリーニング流通新聞」369号発行

クリーニング業界の業界紙「クリーニング流通新聞」2021年1月10日号(第369号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 衛生的な生活スタイル提案を
  • 全協・感謝キャンペーン募集開始
  • こだわりの白衣等手掛ける(カラトクリーニング・下関市)
  • 藍染め体験見学会開催/TeMA
  • 年頭所感
  • ホワイト急便/メルカリ・メルペイと連携
  • 個人店の生きる道【特別編】クリーニング工房木下
  • W職人の店がコラボで実現(New style Lab・福岡)

2021年1月12日

宿泊業の倒産急増、東京商工リサーチ調査

株式会社東京商工リサーチの調査によると、2020年の宿泊業の倒産は、前年から1.5倍増の118件に急増し、2013年以来、7年ぶりに100件台に達しました。
https://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20210112_01.html

118件のうち、新型コロナウイルス感染拡大を要因とした倒産は55件発生し、ほぼ半数を占めました。「新型コロナ関連倒産」が占める構成比としては、飲食業やアパレル関連を大きく上回り、最も高くなっています。

原因別では、「販売不振」が79件で最多。次いで、「既往のシワ寄せ(赤字累積)」が22件、代表者の死亡など偶発的原因による「その他」が6件となっています。 
団体旅行を含む国内旅行者の減少により業績が低迷していた宿泊業者は、インバウンド需要による業績回復に期待を寄せていましたが、コロナ禍によってインバウンド需要が消失したため、先行きの見通しが立たず事業継続を断念した事業者が続出した、としています。

2021年1月8日

11月のクリーニング代支出は334円、23.4%減少

総務省統計局の「家計調査報告(二人以上の世帯)」2020年11月分がまとまりました。

11月分の結果は、全国全世帯のクリーニング代支出額は334円で、前年の436円より23.4%減少。勤労者世帯も前年より25.0%減少して372円(前年496円)でした。
新型コロナウイルスの影響を受け、3月から連続して11月も過去最も低い金額となりました。

地方別では、
  • 北海道 371円(前年433円)
  • 東 北 354円(前年447円)
  • 関 東 375円(前年516円)
  • 北 陸 322円(前年343円)
  • 東 海 284円(前年358円)
  • 近 畿 315円(前年352円)
  • 中 国 355円(前年421円)
  • 四 国 193円(前年511円)
  • 九 州 286円(前年411円)
  • 沖 縄 307円(前年232円)
詳細はクリーニングオンラインのデータ集に掲載しています。
http://www.c-online.net/data/c_expense/index.html

2021年1月7日

ヤングドライ、外交サービス開始

株式会社ヤングドライ(本社富山市、栃谷義隆社長)は、顧客の自宅に出向く集荷・配達サービスを開始しました。北國新聞が伝えています。
https://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20210107303.htm

顧客が電話で集荷日を予約し、社員が衣類や布団などを預かってクリーニング後に届ける外交サービス。店に持ち込んだ品を、クリーニング後に配達する「片道配送」にも対応するとのこと。対象地域は中山間地を除く富山全域。集荷・配達料金は原則無料ですが、クリーニング料金が1回2,500円以下の場合は片道500円(税別)。
コロナ禍や高齢化で外出に抵抗がある人が増えていることに対応するサービスとしています。

2021年1月5日

ダスキン、FTSE Blossom Japan Indexの構成銘柄に

株式会社ダスキン(本社大阪府吹田市、山村輝治社長)は、ESG(環境・社会・ガバナンス)のグローバル基準を満たす日本企業を対象にした株価指数「FTSE Blossom Japan Index」の構成銘柄に初めて選定されたことを発表しました。

同社はすでに「MSCI ジャパン ESG セレクト・リーダーズ指数」「MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)」「S&P/JPX カーボン・エフィシェント指数」に選定されており、今回の選定により GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が採用した4つのESG指数すべてに選定されたことになります。

OKULABとルネサンス、ランドリーとフィットネス融合

株式会社OKULABは、株式会社ルネサンスと戦略的なパートナーシップを企図する包括的な事業提携に合意したと発表しました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000052.000026908.html

OKULABが展開するランドリ-事業とルネサンスが展開するフィットネス事業を融合、第1弾として2021年1月5日オープンの「スポーツクラブルネサンス五月台 24」(神奈川県川崎市麻生区)にランドリー店舗「Baluko Laundry Place 五月台」を併設します。

また地方自治体と連携した地方創生プロジェクトにも共同参画していくとのこと。具体的にはルネサンスが北海道小清水町と締結した「未来につながるまちづくりに関する包括連携協定」を通じて、令和5年5月供用開始予定の防災拠点型複合庁舎建設にカフェランドリ-を組み込むとしています。

「日本クリーニング新聞」1944号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2021年1月5日・15日合併号(第1944号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 挑戦する未来見据えた店づくり
  • 年頭提言/コロナ禍のトンネルの中を如何に抜け出るか(毛利春雄)
  • 新春提言/新しい年を迎えるにあたって(玉井千里)
  • 白洋舎「新中期経営計画策定」
  • 全協2021年「感謝キャンペーン」
  • 21年は《特殊品》を《定番品》に転換する意識変革・活動の年に
  • 業界団体・企業 年頭所感
  • 日本シーリング/リネン品の全自動包装機
【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2021年1月4日

せんたく便、映画『さんかく窓の外側は夜』とタイアップ

宅配クリーニングの「せんたく便」を運営する株式会社ヨシハラ(本社滋賀県彦根市、吉原保社長)は、映画『さんかく窓の外側は夜』とタイアップし、映画鑑賞券や映画グッズが当たるキャンペーンを2021年1月4日から開催すると発表しました。

せんたく便の公式LINEアカウントを友だちに追加し、応募フォームよりアンケートに回答すると次の商品が当たるキャンペーン。
  • 第一弾:映画鑑賞券(5組10名様)2021年1月4日午前10時〜1月15日午後6時
  • 第二弾:映画オリジナルトートバッグ(5名様)2021年1月16日午前10時〜1月31日午後6時


映画『さんかく窓の外側は夜』は、ヤマシタトモコの累計発行部数130万部を超えるベストセラーコミックスの実写映画化。出演は岡田将生、志尊淳、平手友梨奈ほか。

2021年1月3日

「東京クリーニング界」855号発行

東京都クリーニング生活衛生同業組合の「東京クリーニング界」2021年1月号(第855号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 新年のご挨拶(伊澤勝令理事長)
  • 年頭所感(小池百合子東京都知事)
  • 生衛業フェアに出展〜ホテル・旅館組合とコラボ
  • 西東京市クリーニング消費者講座
  • アパレル市場の変化とこれからのクリーニング業(1)
  • 流行ブランドを知り、共感を誘い適正料金で対応しよう
  • 本部だより
【東京都クリーニング生活衛生同業組合のサイト】
http://www.tokyo929.or.jp/

2021年1月2日

ふとんクリーニング工場で火災

宮城県大崎市のふとんクリーニング工場で火災が発生しました。KHB東日本放送が報じています。

1月1日午前11時ごろ、大崎市田尻の白蘭わた株式会社のクリーニング工場から火が出ていると119番通報がありました。鉄筋一部2階建ての工場1棟およそ290平方メートルが全焼しました。
警察によると、この日工場は休みでしたが従業員1人がクリーニングの作業を行っていて「乾燥機の後ろから火が出た」と話しているということです。警察と消防で火事の原因を調べています。

「かなめ」432号発行

かなめ流通グループの情報紙「かなめ」2021年1月1日号(第432号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 令和3年 年頭所感
  • 全協・クリーニング感謝キャンペーン
  • CLV21SPカンファレンス〜3月にビッグサイトで
  • ぶんちゃんの販促道場(石井康裕)
  • 商売のネタ帳(高橋透)
  • 資材REPORT/防虫加工、防ダニ加工
  • ワイシャツはどこで洗う?
【かなめ流通グループのサイト】
http://www.kaname-g.jp/

2021年1月1日

「クリーニングニュース」861号発行

全国クリーニング生活衛生同業組合連合会の「クリーニングニュース」2021年1月号(第861号)が発行されました。


今号の内容は、
  • 秋の叙勲
  • 2021年 年頭所感
  • クリーニングギフト券事業終了にむけた今後のスケジュール
  • 情報ファイル(第7回理事会を開催 など)
  • みんなの共済広場
  • クリーニング師研修・業務従事者講習インフォメーション
  • 技術部会/古澤部会長2期目スタート!
  • 青年部通信!年頭所感
  • 衣料管理情報:ベロア調素材のパイル脱落
  • CLEANER'S VOICE〜読者のページ〜
  • 全ク連活動報告Diary(令和2年11月)
  • 編集後記
  • あけましておめでとうございます<クリーニング検索ガイド>
【全ク連のサイト】
http://www.zenkuren.or.jp/

謹賀新年2021

あけましておめでとうございます。
旧年中はクリーニングオンラインにアクセスしていただきありがとうございました。
今年もさらに多くの価値ある情報をお伝えできたらと思っています。
本年も宜しくお願い申し上げます。

ところで2020年に本ブログでは414本の記事を掲載しましたが、その中でアクセス数が多かったトップ3は次のようになりました。

2020年12月31日

ブルースカイランドリー、サイネージで情報発信

株式会社ジーアイビー(本社名古屋市、鈴木衛社長)は2021年1月1日から、同社が展開するコインランドリー「ブルースカイランドリー」に設置しているサイネージで動画広告の配信とともに、店舗周辺の子供達を応援するプロジェクトを発足すると発表しました。


ブルースカイランドリーでは各店舗に55インチのサイネージを設置して、営業時間内は本部より遠隔操作で動画を配信しています。今回、サイネージ広告枠を作り、地域の法人向けサイネージ広告を募ることで、地域の【情報交換の場】としても活用できるようなサービスにするとのこと。
あわせて、子供達の活動の場を応援する一環として店舗周辺にあるスポーツ少年団の団員募集やサークル活動の広告を無料配信。洗濯をするだけの場ではなく、お子様が活躍できる場所の情報を発信することができ、地域の活性化に貢献できればとしています。

2020年12月30日

「ニュークリーナーズ」593号発行

全国クリーニング協議会の「ニュークリーナーズ」2020年12月25日号(第593号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 令和3年 年頭所感
  • 外国人技能実習制度延長の現状
  • 2021年感謝キャンペーン
  • クリーニング業の労務管理/労基法に係る時効の法改正
  • 機材会員の企業紹介・第12回:ゲンブ(株)
  • 法律相談/コインランドリー近隣住民の苦情
  • クリーニングのオーナー制を考える

2020年12月28日

ナガイレーベンが第1四半期決算を発表

ナガイレーベン株式会社(本社東京、澤登一郎社長)が2021年8月期第1四半期決算の連結業績(2020年9月1日〜11月30日)を発表しました。
http://www.nagaileben.co.jp/ir-statements/

それによると、
  • 売上高   :35億9,500万円(前年同期比24.6%増)
  • 営業利益  :10億3,900円(同9.2%増)
  • 経常利益  :10億6,200万円(同8.5%増)
  • 四半期純利益:7億2,600万円(同8.4%増)
でした。

決算短信によると、主力のヘルスケアウェア、ドクターウェアが前期からの期ズレ更新物件を確実にキャッチアップしたことで大幅な売上増となりました。また、患者ウェアは前期より遅れていた新規取組みが軌道に乗り始め、手術ウェアは引き続きコンペルパックが順調であったことなどから、周辺市場においても二桁を超える伸び率となりました。新たに前期に開発、上市した感染対策商品は、厚生労働省への大口納入もあり、売上増に大きく寄与。このような結果、当第1四半期連結累計期間における売上は前年同期比24.6%増の過去最高の売上でした。

2020年12月27日

医療現場を下支えするクリーニング工場

新型コロナウイルスで大変な医療現場を下支えするクリーニング工場をテレ朝NEWSが報じています。

ニュースでは新型コロナ病棟から出てきた洗濯物を処理する株式会社東基の工場が紹介されています。コロナ専門のチームが1日に5、6軒の病院を回り、160箱のリネン品を回収。工場入荷後、オゾン消毒庫で4時間以上消毒してから高温水で洗濯処理しているとのこと。

番組内で矢部徹也社長は「国民の命を守る、健康を守るというところで強い使命感を持って働いていらっしゃる方々を 支えるために、私たちもなくてはならないサービスとして『絶対に止めることはできない』そういった思いを非常に強くしながら、使命感を持って仕事しているというところです」と話しています。