ブログを含むクリーニングオンライン内の検索ができます

2017年4月24日

3月のチェーンストア販売、衣料品9.0%減

日本チェーンストア協会が平成29年3月度の「チェーンストア販売統計」を発表しました。
http://www.jcsa.gr.jp/

会員企業数56社(店舗数9,376店)の販売データをまとめたもので、総販売額は1兆520億7,706万円(前年比1.8%減)でした。
概況として、3月は食料品はまずまずの動きだったが、衣料品、住関品ともに気温低下の影響もあり季節商品が苦戦したこともあり、総販売額の前年同月比(店舗調整後)はマイナスとなった、としています。

衣料品を見てみると、販売金額は937億5,723万円で、前年同月比1.1%減でした。
部門別では、
紳士衣料  169億5,177万円(前年比1.4%減)
婦人衣料  289億577万円(前年比2.4%減)
その他衣料 478億9,969万円(前年比0.2%減)

紳士衣料は、スラックス、ドレスシャツ、カジュアルパンツ、長袖Tシャツなどの動きは良かったものの、ジャケット、春物アウター、カジュアルシャツなどの動きは鈍かった。
婦人衣料は、フォーマル、コーディガン、レギンスパンツなどの動きが良かったが、春物コート、ジャケット、ブラウス、カットソーなどは不調に終わった。
その他衣料・洋品は、紳士パジャマ、紳士靴下、婦人下着、女児ハーフパンツ、傘などの動きは良かったが、紳士肌着、子供服、女児トップス、ストッキング、婦人バッグなどの動きは鈍かった。

2017年4月22日

新しい制服が原因?体調不良相次ぐ

米国・アメリカン航空で制服を一新した後、体調不良を訴える従業員が相次いでいると、Forbes JAPANが伝えています。
http://forbesjapan.com/articles/detail/16011

アメリカン航空は昨年9月、30年ぶりに制服を刷新、7万人を超える従業員に新しいユニフォームを支給しました。しかし、その後、体調不良を訴える従業員が相次ぎ、不調を報告したパイロットはおよそ100人、客室乗務員は3,000人を超えているとのこと。主な症状は、発疹、かゆみ、目の腫れ、気分の悪さなど。中には出勤できないほど症状が重い人もいます。

新しい制服がこうした症状の原因であるのかどうかは、さらなる調査が必要ですが、調査結果と今後の方針が固まるまで、以前の制服を着用して勤務することを認めているそうです。

タカケン、宅配クリーニング事業を強化

タカケンサンシャイン株式会社(本社岐阜県大垣市、髙木健志社長)はインターネットを活用した宅配クリーニング事業を強化すると、中部経済新聞が報じています。
http://www.chukei-news.co.jp/news/201704/22/articles_29492.php

宅配クリーニングの需要が拡大しており、従来の本社工場に加え、大阪の豊中工場を宅配クリーニングの拠点とし処理能力を増強。今後は最大1年の長期保管サービスの受け入れ体制も拡充し、顧客を取り込むとしています。

2017年4月20日

3月の百貨店売上、衣料品17カ月連続のマイナス

日本百貨店協会が平成29年3月の「全国百貨店売上高」を発表しました。
http://www.depart.or.jp/

調査対象百貨店80社231店のデータをまとめたもので、売上高総額は約5,195億円、前年同月比で0.9%減。13カ月連続のマイナスとなりました。
3月の特徴としては、富裕層消費やインバウンドの回復が売上を下支えしたが、気温低下により主力の春物衣料が伸び悩み前年には僅かに届かなかった、としています。

衣料品を見てみると、売上高は1,691億8,137万円で、前年同月比4.6%減。17カ月連続のマイナスとなりました。
商品別では、
  • 紳士服・洋品 327億6,453万7千円 (前年比2.6%減)
  • 婦人服・洋品 1,034億2,758万6千円 (前年比5.6%減)
  • 子供服・洋品 216億5,921万3千円 (前年比1.8%減)
  • その他衣料品 113億3,003万4千円 (前年比6.2%減)
となっています。

2017年4月19日

田辺市シルバー人材センター、洗濯代行が急増

和歌山県の田辺市シルバー人材センターで、入院患者から洗濯代行の依頼が急増していると紀伊民報が伝えています。
http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=332287&p

センターによると昨年春、洗濯代行ができる会員が5人に増えたため、市内の病院に洗濯代行の営業に回ったところ、南和歌山医療センターなどから注文が相次ぐようになったとのこと。2015年度までの3年間で3件だった洗濯件数が、2016年度は190件になったとしています。

この洗濯代行は入院患者やその家族から注文があると、1週間ごとに着替えを取りにいって病院内の洗濯機と乾燥機を使って洗濯し畳んで返却。1回の料金は3,200円前後。

2017年4月18日

高級車を買うと節税になる?

MONEY PLUSのFPの家計相談シリーズで、クリーニング機材商さんから寄せられた質問<高級車を買うと、会社にとって「節税」になりますか?>が掲載されています。
https://moneyforward.com/media/career/30811/

「利益が出ているなら、社用車として高い外車を買いなさい」というアドバイスは、よくあるものなのでしょうか〜 クリーニング店向けに設備やサービスを販売する自営業を営んでいるという男性からの質問に、プロのファイナンシャルプランナー・野瀬大樹氏が答えています。

「日本クリーニング新聞」1817号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2017年4月15日号(第1817号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 改正個人情報保護法・5月施行
  • 春の衣替え〜早くも5月型の動き!?
  • かなめグループ/29年度通常総会と研修会
  • TeMA第31回総会/TPP効果と17年日本経済の現状
  • 生産性管理者講習会・既成思考法からの脱出
  • 東横サポートのしみ抜きライトスクール
  • 商品紹介(カミナガ販売・シルエットメイク など)
  • ふとん協/大分でホーム、リネン工場見学と新JIS研修会

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2017年4月16日

CVSベイエリア、クリーニング事業11億9,000万円

株式会社シー・ヴイ・エス・ベイエリア(本社千葉市、上山富彦社長)が平成29年2月期の連結業績(平成28年3月1日から29年2月28日)を発表しました。
http://www.cvs-bayarea.co.jp/ir05.html

それによると、
  • 営業総収入 :294億5,200万円 (前年同期比0.9%増)
  • 営業利益  :3,300万円 (−)
  • 経常利益  :2億1,300万円 (同47.2%増)
  • 当期純利益 :9,400万円 (同52.4%減)
でした。

決算短信によると、クリーニング事業では、マンションフロントやコンビニエンス・ストア店舗での便利、かつ、高品質のクリーニングサービスを提供しているほか、法人向けクリーニングでは、社員寮のほか、施設内における宿泊関連やホテル施設などの案件を獲得。また、自社工場と商品管理センターによる、制服のクリーニングからメンテナンス、在庫管理までを一元管理するメリットを活かしたトータルサービスの拡大を進めています。

当連結会計年度における業績は、クリーニング事業収入11億9,000万円(対前年同期比4.1%増)、セ
グメント利益5,300万円(同14.0%増)でした。

きょくとう、売上高68億300万円

株式会社きょくとう(本社福岡市、牧平年廣社長)が平成29年2月期の業績(平成28年3月1日から29年2月28日)を発表しました。
http://www.cl-kyokuto.co.jp/ir/

それによると、
  • 売上高   :68億300万円(前年同期比0.9%減)
  • 営業利益  :3億6,100万円(同158.8%増)
  • 経常利益  :4億4,600万円(同94.3%増)
  • 当期純利益 :9,400万円(同70.5%増)
でした。

決算短信によると、同社は「NBM(ニュー・ビジネス・モデル)-16」を掲げ、ブロック長制の導入による目標必達主義、工場経理事務員の戦力化による経営数値の早期把握など改革を進めてきました。また、女性がより活躍できる工場や店舗に向けた取り組みも継続。

営業面では、春の衣替えシーズンに人気キャラクターの「妖怪ウォッチ」とタイアップした販促活動を展開し、秋の繁忙期には「新規ご入会キャンペーン」を実施し、会員数と需要の拡大に努めました。一方、人手不足で採用環境が厳しさを増す中、店舗の受付シフトに対応するため定休日の新設を含む営業時間の見直しを行いました。

生産面では、新機種として特注の人体フォーマー(上着立体仕上げ機)を導入し、全工場・プラントに配備したことにより、安定した仕上げ品質と生産効率の向上を確保しました。

投資面では4月に大阪府堺市でM&Aを実施し、1工場10店舗を取得しました。反面、不採算店については積極的に閉鎖を進めました。

2017年4月15日

ラップパンツ、洗濯で著しい縮み

株式会社ストライプインターナショナルは、セブンデイズ サンデイ(SEVENDAYS=SUNDAY)ブランドのラップパンツの一部で、洗濯により縮みが発生するものがあると発表しました。
http://7days-sunday.jp/news/index.php?c=topics_view&pk=310

対象商品は2017年3月2日から4月12日まで販売した「エスニックストライプリボン付きラップパンツ」(品番30171F30060)。洗濯表示通りの「手洗い」処理により、著しい縮みが発生するものが混在していることが判明したため、同社では回収、返金対応するとしています。

2017年4月14日

生活衛生資金貸付、利率を改定

生活衛生資金貸付の貸付利率が平成29年4月12日から改定されました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000162027.html

基準利率 :1.76〜2.35%
特別利率A:1.36〜1.95%
特別利率B:1.11〜1.70%
特別利率C:0.86〜1.45%
特別利率E:0.36〜0.95%
特別利率F:1.11%

「クリーニング流通新聞」323号発行

クリーニング業界の業界紙「クリーニング流通新聞」2017年4月10日号(第323号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 宅配の新しい業態を提案〜5月に本紙後援でセミナー
  • アイナックスと稲本が合併
  • 厚労省の営業対策補助金・4県組合が活用して事業
  • カミナガ販売/恒例のエネロキャンペーン
  • ガード加工で利益を確保・AMG有馬義
  • “時代と環境に合わせて”ラクナ新本社を披露
  • 京技術会で店頭シミ抜き・高効率のユニット見学も

2017年4月13日

厚労省「外国人の活用好事例集」作成

厚生労働省は「外国人の活用好事例集~外国人と上手く協働していくために~」を作成しました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000160961.html

外国人を雇用している企業約50社を対象とした雇用管理等に関するヒアリング調査を実施し、有識者で構成された研究会において調査結果の分析を行い、好事例となる取組内容を取りまとめたもの。より良い就労環境等を整備するきっかけとして活用してほしいとしています。

wash-plus、コイン店内に宅配ロッカー

株式会社wash-plus(本社千葉県浦安市、高梨健太郎社長)はヤマト運輸株式会社、Packcity Japan株式会社と連携し、宅配便ロッカー「PUDO(プドー)ステーション」をコインランドリーwash+中葛西店(東京都江戸川区)の店内に設置しました。
https://www.atpress.ne.jp/news/126345


24時間営業しているコインランドリーへ宅配便ロッカーを設置することで、自宅を不在にすることが多い方に対して、生活に必要なサービスとして利便性、快適さを提供し、社会的な諸課題の解消に寄与することを目的としているとのこと。
同社では今後、宅配便ロッカー設置店舗の拡大をはかっていくとしています。

2017年4月12日

新潟県、生衛組合連合会と支援協定

新潟県は災害時における被災者の生活衛生の向上をはかるため、新潟県生活衛生同業組合連合会と災害時における支援協定を4月11日、締結しました。
http://www.pref.niigata.lg.jp/seikatueisei/1356865813758.html

新潟県生活衛生同業組合連合会は、新潟県クリーニング生活衛生同業組合を含む11組合で構成。今回の協定に基づく支援の主な内容として、「被災者の毛布、衣類等のクリーニングの実施」などがあります。