ブログを含むクリーニングオンライン内の検索ができます

2017年5月22日

アスレチックパンツで縫製糸が切れるおそれ

株式会社ユナイテッドアローズは、パンツの一部で着用時に縫製糸が切れる可能性があると発表しました。
http://www.united-arrows.co.jp/info/2017/05/078884.html

対象商品は、ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシングで2017年4月8日から5月1日まで販売した「アスレチックジョッパーズパンツ 」(品番:3619-105-0567)、「アスレチックガウチョパンツ」(品番:3619-105-0568)。
着用の際にウエスト・尻ぐり部分に力が加わることで縫製糸が切れる可能性があることが判明したため、同社では販売各店舗、またはお客様相談室まで連絡してほしいとしています。

モッズコート、着用時に破損の可能性

株式会社ビームスは、コートの一部で着用時に表地が裂ける可能性があると発表しました。
http://www.beams.co.jp/company/information/detail/143

対象商品は2016年10月25日から2017年3月31日まで販売した「BEAMS オリジナル 裏ボア モッズコート」(品番:11-19-0644-187)。着用時に表地が裂ける可能性のあることが判明したため、同社では回収、返金対応するとしています。

2017年5月19日

生活衛生資金貸付、利率を改定

生活衛生資金貸付の貸付利率が平成29年5月17日から改定されました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000165371.html

基準利率 :1.76〜2.35%
特別利率A:1.36〜1.95%
特別利率B:1.11〜1.70%
特別利率C:0.86〜1.45%
特別利率E:0.36〜0.95%
特別利率F:1.11%

2017年5月18日

リネット会員25万人突破、会報誌も創刊

株式会社ホワイトプラス(本社東京、井下孝之社長)は、宅配クリーニング「リネット」が2017年5月、会員数25万人を突破したと発表しました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000016048.html


会員数25万人突破を記念して会報誌「Lenet MAGAZINE」を創刊。創刊号は「都心散歩」をテーマに、大手アパレル企業とコラボレーション。オススメ商品やこの時期お気に入りを着て出かけたい都心のお散歩スポットなどの情報を掲載しています。

また、会員数25万人突破キャンペーンを5月18日から24日まで実施。初めて利用される方はアウタープレミアム仕上げ40%OFF、すでに利用されている方にはアウター40%OFFなどお得な特典をプレゼントするというもの。

2017年5月17日

ポニーが宅配・保管を開始、日本ユニシスのシステム利用

日本ユニシス株式会社(本社東京、平岡昭良社長)は、ポニークリーニングを展開する穂高株式会社(本社東京区、松岡永髙社長)に「収納サービスプラットフォーム」の提供を開始したと発表しました。
https://www.unisys.co.jp/news/nr_170516_storageservicepfs.html

ポニークリーニングは、収納サービスプラットフォームを利用した衣類の「ネット宅配&クリーニング保管サービス」を4月からスタート。
https://hokan.pony-cl.co.jp

このサービスは、日本郵便株式会社の保管倉庫と宅配サービス(ゆうパック、ゆうパケット)を利用した「収納サービスプラットフォーム」の第一弾になります。

日本ユニシスの収納サービスプラットフォームは、異業種サービス事業者間のビジネス連携を可能としたもので、検品業務および発送管理の機能や、ECサイトに集客するためのプロモーションエンジンを実装しているため、サービス事業者は、保管や宅配サービス、ICTの仕組みを容易に利用できるとしています。

「日本クリーニング新聞」1820号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2017年5月15日号(第1820号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 春商戦続報〜5月連休から本格化
  • かなめグループが総会/組織で業の活性化図る
  • クリーナーズ防炎協会〜創立50周年記念式典
  • 毛利講座・納期に問題を抱えている方々へ
  • 東京都組合/CL保険適用28年度事故統計
  • 最新タグニュース
  • 従業員満足・職場推奨できる?
  • TLSパートナーズ総会/本社移転や18年佐野新工場

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2017年5月16日

ダスキン、売上高1,618億8,000万円

株式会社ダスキン(本社大阪府吹田市、山村輝治社長)は、平成29年3月期の連結業績(平成28年4月1日から29年3月31日)を発表しました。
http://www.duskin.co.jp/ir/library/result/index.html

それによると、
  • 売上高   :1,618億8,000万円(前年同期比2.0%減)
  • 営業利益  :60億6,900万円(同13.0%増)
  • 経常利益  :75億5,400万円(同12.6%増)
  • 当期純利益 :43億1,800万円(同44.8%増)
でした。

決算短信によると、クリーン・ケアグループでは、主力のダストコントロール商品の売上高はフランチャイズ加盟店から前期に譲受した拠点の売上が計上されたものの、フランチャイズ加盟店向けの売上は減少し、最終的には前期の売上高を下回る結果となりました。しかしながら、レントオール事業等、その他の事業が総じて好調に推移したこと等により、クリーン・ケアグループ全体の売上高は前期から0.3%増加し1,105億3,700万円となりました。
営業利益は、販売促進費、退職給付費用等の経費が増加したものの、「スタイル クリーナー」の原価減少、マット等の新布投入の減少、重油価格下落により売上原価が減少した結果、136億7,100万円(前年同期比5.2%増)でした。

2017年5月15日

三浦工業、アイナックス稲本を子会社化

三浦工業株式会社(本社松山市、宮内大介社長)は、子会社のMLE株式会社が、株式会社アイナックス稲本ホールディングス(本社東京、佐々田和男社長)の株式を取得し、子会社化すると発表しました。
http://www.miuraz.co.jp/info/newsrelease/f1bfcc5cffa3bed1e9d0517a39ee358ef9ff93d7.pdf

MLEはアイナックス稲本ホールディングスの株主であるライジング・ジャパン・エクイティ第一号投資事業有限責任組合から34,000株(所有割合100%)を111億円で取得。株式譲渡実行日は平成29年7月3日予定。

今回の株式取得により、アイナックス稲本ホールディングスを通して国内市場においてトップシェアを有する事業領域へ参入し、新たな事業軸を獲得する考え。業務用の製品ラインナップの拡充を実現するとともに、更なる工場全体のトータルソリューションを提供し、また三浦工業グループの国内、海外の販売ネットワークを活用することで、アイナックスが取り扱う製品の市場シェアの拡大も目指すとしています。

洗濯指数アイコン『部屋干し』仕様に

tenki.jp(一般財団法人日本気象協会)、ライオン株式会社、パナソニック株式会社は、洗濯に関する情報提供として『部屋干し』アイコンを共同開発しました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002752.000003442.html

梅雨の時期に向けて2017年5月15日からの期間限定で、洗濯指数アイコンが『部屋干し』仕様に変わります。このアイコンは、従来のTシャツマークの後ろに家マークを配したもので、現代の部屋干しニーズをとらえたデザインとしています。

2017年5月13日

「クリーニング流通新聞」324号発行

クリーニング業界の業界紙「クリーニング流通新聞」2017年5月10日号(第324号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 「保管」を武器に需要拡大〜梅雨味方に荷の平準化も
  • 大阪全国展の概要発表
  • TeMA・31回通常総会を開催
  • クリーナーズ防炎協会/創立50周年で記念式典
  • シティホテルの利用率〜昨年は熊本地震が影響
  • ダニのアレルギーと対策 家庭洗濯や天日干し無効
  • ドライ溶剤の状況等調査/厚生労働省
  • ふとんCLの品質マーク/新JISチャンスに市場拡大

WASHハウスが第1四半期決算を発表

WASHハウス株式会社(本社宮崎市、児玉康孝社長)は、平成29年12月期第1四半期の連結業績(平成29年1月1日から3月31日)を発表しました。
https://corporate.wash-house.jp/ir/ir-news.php

それによると、
  • 売上高   :7億4,100万円(−)
  • 営業利益  :3,500万円(−)
  • 経常利益  :3,800万円(−)
  • 四半期純利益:2,300万円(−)
でした。

決算短信によると、コインランドリー事業を取り巻く環境としては、政府が推し進める働き方改革により、従来非労働者であった高齢者及び女性が労働者となる仕組みが作られることが予想され、このことから時間を有効活用できるコインランドリーは更なる利用者層の拡大と需要の伸長が期待されます。
このような状況の下、「布団を洗う」という新たな洗濯習慣の変革への啓蒙活動や積極的な広告施策も継続して行いながら、既存エリアでの営業活動に加え、新規エリアへの営業活動も強化し、フランチャイズ店舗の出店を中心に取り組んでいます。 また3月に既存エリアでも出店数の少ない山口県、長崎県に営業所を設置しました。

エランが第1四半期決算を発表

株式会社エラン(本社松本市、櫻井英治社長)は、平成29年12月期第1四半期の連結業績(平成29年1月1日から3月31日)を発表しました。
http://www.kkelan.com/ir/index.php

それによると、
  • 売上高   :32億9,900万円(−)
  • 営業利益  :2億3,600万円(−)
  • 経常利益  :2億4,100万円(−)
  • 四半期純利益:1億9,000万円(−)
でした。

決算短信によると、介護医療関連事業の主力サービスである「CS(ケア・サポート)セット」を、より普及・拡大させるために、全国10営業拠点において、営業活動を施設(病院および介護老人保健施設等)に対して展開。これにより、当第1四半期連結累計期間の新規契約の施設数は21施設、解約施設数は6施設となり、CSセット導入施設数は前事業年度末より15施設増加し779施設となりました。
また平成29年2月28日付けで、エルタスクを完全子会社しました。エルタスクは、東北エリア4営業拠点(岩手、宮城、青森、秋田)で、CSセットと同種のサービスである「LTセット」を展開しています。当第1四半期連結会計期間末のLTセット導入施設数は125施設で、エルタスクを含めた当社グループ全体における導入施設数は904施設となりました。

2017年5月12日

ナック、レンタル事業売上高131億3,500万円

株式会社ナック(本社東京、吉村寛社長)が平成29年3月期決算の連結業績(平成28年4月1日から29年3月31日)を発表しました。
http://www.nacoo.com/ir/library.html

それによると、
  • 売上高   :859億100円(前年同期比7.0%増)
  • 営業利益  :11億3,000万円(同53.8%増)
  • 経常利益  :11億6,700万円(同46.3%増)
  • 当期純利益 :4億6,700万円(同85.1%増)
でした。

決算短信によると「レンタル事業」に関しては、主力のダストコントロール商品部門では、M&A戦略の推進と既存顧客への深耕が奏功したことにより顧客数と顧客単価が堅調に推移しました。害虫駆除部門および法人向け定期清掃サービスでは、地道な営業活動により優良顧客が順調に増加したことや既存顧客からの紹介で新規顧客が増加したことが要因となり、売上高が前期比で増加しました。
レンタル事業の売上高131億3,500万円(前年同期比2.9%増)、営業利益18億5,300万円(同0.7%増)でした。

テーオーシー、リネンサプライ売上高17億900万円

株式会社テーオーシー(本社東京、大谷卓男社長)が平成29年3月期の連結業績(平成28年4月1日から29年3月31日)を発表しました。
http://www.toc.co.jp/toc/ir/article/index.html

それによると、
  • 売上高   :218億円3,100万円(前年同期比2.0%増)
  • 営業利益  :66億7,000万円(同7.3%増)
  • 経常利益  :65億7,100万円(同9.8%増)
  • 当期純利益 :44億8,200万円(同7.4%増)
でした。

決算短信によると、リネンサプライおよびランドリー事業に関しては、売上高は17億900万円(前年比0.1%減)、営業利益は1億1,600万円(同60.7%増)でした。

トーカイ、売上高1,045億7,200万円

株式会社トーカイ(本社岐阜市、小野木孝二社長)が平成29年3月期の連結業績(平成28年4月1日から29年3月31日)を発表しました。
「健康生活サービス」「環境サービス」で増収を達成しましたが、「調剤サービス」の減収により、前年同期を下回る結果となりました。
http://www.tokai-corp.com/finance/

それによると、
  • 売上高   :1,045億7,200万円(前年同期比0.9%減)
  • 営業利益  :74億4,300万円 (同0.9%減)
  • 経常利益  :76億9,100万円 (同0.5%減)
  • 当期純利益 :53億600万円 (同1.5%増)
でした。

決算短信によると、「健康生活サービス」は病院関連事業およびシルバー事業において、レンタル売上が堅調に推移したほか、クリーニング設備製造事業についても好調で前年同期比増収となりました。「健康生活サービス」の売上高は514億8,800万円(前年同期比2.7%増)。営業利益は53億9,700万円(同14.3%増)。