2020年4月7日

2月のクリーニング代支出は294円、7.5%減少

総務省統計局の「家計調査報告(二人以上の世帯)」2020年2月分がまとまりました。

2月分の結果は、全国全世帯のクリーニング代支出額は294円で、前年の318円より7.5%減少。勤労者世帯も前年より10.5%減少して341円(前年381円)でした。

地方別では、
  • 北海道 310円(前年332円)
  • 東 北 378円(前年363円)
  • 関 東 307円(前年292円)
  • 北 陸 248円(前年418円)
  • 東 海 273円(前年337円)
  • 近 畿 233円(前年367円)
  • 中 国 470円(前年287円)
  • 四 国 381円(前年217円)
  • 九 州 191円(前年299円)
  • 沖 縄 341円(前年171円)
詳細はクリーニングオンラインのデータ集に掲載しています。
http://www.c-online.net/data/c_expense/index.html

2020年4月6日

ジャケット、生地の強度に問題

株式会社ネキストは、CONFECTのジャケットの一部で生地の強度に問題があると発表しました。
https://nestrobe.com/mens/news/information/20200324_1

対象商品は2020年2月7日から3月24日まで販売した「ヘンプコットンテーラードジャケット」(品番02201-0012)。生地の強度に問題があり、破れるおそれがあるものが含まれている可能性が判明。同社では商品を回収のうえ強度について調査をし、良品であることを確認したら返送、もし問題があった場合は交換、返金対応するとしています。

「東京クリーニング界」846号発行

東京都クリーニング生活衛生同業組合の「東京クリーニング界」2020年4月号(第846号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 2019年業界総需要3474億円
  • クリーニング所における新型コロナウイルス対策について
  • 投稿:第4ブロック家族慰安行事開催
  • WEB広告の仕組み
  • 令和元年度 東京都クリーニング師試験問題
  • 時代に適応したクリーニング経営を
  • 本部だより
【東京都クリーニング生活衛生同業組合のサイト】
http://www.tokyo929.or.jp/

2020年4月5日

「日本クリーニング新聞」19120号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2020年4月5日号(第1920号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 実践業者が語るスニーカー洗い〜価値観いかに創れるか
  • 春の衣替え/4月以降の施策
  • 速報・新型コロナウイルス 感染事例
  • 全協・春の感謝キャンペーン「景品」の変更について
  • 衣管協/TES試験7月12日 今年も全国7会場で
  • 工場拝見:浜松屋クリーニング店(静岡・浜松市)
  • リネン協、新型コロナ対応事例紹介
  • 共栄社化学/活性酵素のチカラで抗菌・消臭効果がアップ
【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2020年4月4日

「ニュークリーナーズ」第584号発行

全国クリーニング協議会の「ニュークリーナーズ」2020年3月25日号(第584号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 第51回通常総会を開催
  • モデル雇用契約書を策定
  • 便利でお得な「メンテ」の話〜コロナ感染を防ぐヒント
  • クリーニング業の労務管理/コロナ休校による助成金制度
  • 機材会員の企業紹介・第4回:(株)ライト
  • 法律相談/インショップでコロナ 店を休業した場合
  • 目に見えない不安〜コロナ危機を乗り越えられるか

2020年4月3日

クリーニング店に連続強盗、東京

東京・墨田区でクリーニング店を狙った強盗事件が相次ぎました。TBS NEWSが伝えています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3947360.html

4月3日午後1時半ごろ、墨田区東向島のクリーニング店に男が押し入り、女性従業員にカッターナイフのようなものを突きつけて脅し、店のレジから現金およそ4万円を奪って逃走しました。
およそ1時間半後にもよく似た男が800メートルほど離れた墨田区押上のクリーニング店に押し入りました。男は女性従業員にカッターナイフのようなものを突きつけて「金を出せ」と脅し現金を要求しましたが、何も奪わずに逃げたということです。

その直後に現場近くの路上でカッターナイフを持った不審な男が見つかり、警察官が職務質問したところ、「2件やりました」と話したということで、警視庁は男からさらに事情を聴いているとのこと。

アクア、コインに羽毛ふとん専用コース

アクア株式会社(本社東京、杜鏡国社長)は、コインランドリー洗濯機器の羽毛ふとん専用コースを開発しました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000045454.html

羽毛布団の洗濯に対しては、ダニの駆除や皮脂や汗の汚れ落ち、ふわふわに仕上がることへのニーズがあることから、今回、独自技術による高い洗浄力で布団全体をムラなく洗い上げる羽毛ふとん専用コースを開発。

標準コースでは布団が膨らみ、水に浮いてしまうことからムラなく洗うことが難しいという短所を独自技術で解消し、布団全体に水を行き渡らせることによって洗剤溶液を浸透。水に浮かせず沈めることによって布団のもみ洗いを効果的に行えるため、全体をムラなく洗浄することができるとのこと。この洗浄方法は業界初で、現在特許出願中。

羽毛ふとん専用コース搭載の洗濯乾燥機ではボタン1つの簡単な操作で、2時間以内に洗浄から乾燥までを済ませることができ、かつ手頃な価格で利用することができるとしています。

2020年4月2日

リアクア、衣類の直し・修理サービス開始

株式会社喜久屋(本社東京、中畠信一社長)は、宅配クリーニング・リアクアで「衣類のお直し・修理」の宅配サービスを2020年4月2日より開始すると発表しました。
https://www.dreamnews.jp/press/0000212812/

リアクアの衣類のお直し・修理サービスは、「お気に入りの洋服だから、きれいに直して長く着る」をコンセプトに、インターネットから簡単に衣類のやぶれやほつれ直し、丈詰め、裾上げ等、あらゆる衣類のお直しを宅配便で集荷配達を行うことで、自宅にいながら気軽に利用できるもの。
さらに、希望の場合はリアクアの質の高いクリーニングを付加することもできるとのこと。

ナガイレーベンが第2四半期決算を発表

ナガイレーベン株式会社(本社東京、澤登一郎社長)が2020年8月期第2四半期決算の連結業績(2019年9月1日〜2020年2月29日)を発表しました。
http://www.nagaileben.co.jp/ir-statements/

それによると、
  • 売上高   :70億5,100万円(前年同期比2.5%減)
  • 営業利益  :17億3,900円(同3.2%減)
  • 経常利益  :17億9,300万円(同2.3%減)
  • 四半期純利益:12億3,600万円(同2.1%減)
でした。

決算短信によると、メディカルウェア市場環境は、報酬改定に関しては概ね想定内の改定率であったことから影響は軽微であったと推察されるものの、急激に拡大した新型コロナウイルス感染症問題への対応により医療機関は混乱状況に陥り、納入予定に遅れが発生するなど市場環境はその影響を受けたものと考えられます。
年明けまでは前年比プラスと順調に推移していたものの、新型コロナウイルス感染症問題の影響を受け、主力のヘルスケアウェアを中心に納入の遅れが発生、2月単月が大きく落ち 込んだ結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は前年同期比2.5%の減収となりました。

トーカイ、テレビ会議で入社式

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、株式会社トーカイ(本社岐阜市、小野木孝二社長)はテレビ会議で入社式を行いました。岐阜新聞が伝えています。
https://www.gifu-np.co.jp/news/20200402/20200402-229089.html

4月1日、トーカイは本社に新入社員196人を集めず、会場を分散し、テレビ会議システムなどで全国9会場をつないで入社式を開催。小野木社長は「衛生管理のプロとして安全と安心をお届けする使命を担っている。地域の医療や福祉に貢献されることを心から期待している」と述べたとのこと。

全ク連、新型コロナの質問・要望に回答

全国クリーニング生活衛生同業組合連合会(小池広昭会長)は、新型コロナウイルス感染症に対する質問・要望について、現段階で応えられる内容を取りまとめ公表しました。
https://www.zenkuren.or.jp/news/4455

これまで全ク連に寄せられた質問や要望を整理し、Q&A形式でまとめています。

なお記載内容は、あくまでも2020年3月20日現在で政府等の公式発表等を参考に作成し、厚生労働省医薬・生活衛生局生活衛生課にも確認をとっていますが、あくまでも一つの目安として認識してほしいとしています。

リネン売り上げ大幅減、NHKニュース

新型コロナウイルスの影響で、首都圏のリネンサプライ業も売り上げが大幅に減少していると、NHKが報じています。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20200401/1000046558.html

NHK首都圏ニュースでは、株式会社ベネック(本社さいたま市、山田修社長) の工場の様子を紹介。2月半ばから売り上げが急激に減り、3月は3分の1ほどに落ち込んだとのこと。これまで工場は1年中休みなく稼働していましたが、週3日休みを設けたそうです。
山田社長はインタビューに「どうやって経営して、企業を守っていくか、一生懸命考えてるところ」とこたえています。

「かなめ」423号発行

かなめ流通グループの情報紙「かなめ」2020年4月1日号(第423号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 受付検品レコーダーRK1・トラブル時の“水掛け論”をなくす
  • クリーニング啓発チラシを作成/クリーンL協会
  • ぶんちゃんの販促道場(石井康裕)
  • 商売のネタ帳(高橋透)
  • 難洗衣料解体新書(住連木まさし)
  • 松井化学の新たなシミ抜き剤「テトラ」
  • かなめ流通Gホットライン
  • 昨年の洗剤出荷量0.7%アップ
【かなめ流通グループのサイト】
http://www.kaname-g.jp/

2020年4月1日

「クリーニングニュース」852号発行

全国クリーニング生活衛生同業組合連合会の「クリーニングニュース」2020年4月号(第852号)が発行されました。


今号の内容は、
  • 特集/クリーニング師資格制度に関する実態・意識調査
  • 特集/群馬県組合主催イベント〜時東ぁみ洗濯大好き!!
  • 情報ファイル(第6回理事会を開催 など)
  • クリーニング師研修・業務従事者講習インフォメーション
  • TSU・NA・GU(vol.7)暦年贈与を活用した財産の承継について
  • 令和2年度「生活衛生貸付」トピックス
  • 青年部通信!リーフレット「ポリウレタンの注意事項」を増刷
  • 全国クリーニング業企業年金基金・新規加入事業所募集中
  • 衣料管理情報:ドライクリーニングでの際つき
  • CLEANER'S VOICE〜読者のページ〜
  • 全ク連活動報告Diary(令和2年2月)
  • 「編集委員だより」・編集後記
  • 組合員限定緊急支援策/新型コロナウイルス感染症に係る特別貸付
【全ク連のサイト】
http://www.zenkuren.or.jp/

2020年3月31日

ユーゴー、内定取り消し者対象に説明会

株式会社ユーゴー(本社茨城県小美玉市、沼崎周平社長)は、新型コロナウイルスの影響で内定取り消しを受けた学生を対象に会社説明会と選考会を開催すると発表しました。
https://www.u-go.jp/news/200330/index.html

2020年・2021年卒の内定取り消しを受けた方を対象に、学生にとっても一生に1度の新卒としての入社の機会を支援できれば、という想いから説明会・選考会を実施することになったとのこと。同社では毎年新卒採用を行っており、2020年4月入社は14期生となります。

説明会は2020年4月10日、小美玉市の本社で行いますが、日程が合わない場合などは、動画での説明会参加も受け付けるそうです。

白洋舍、抗ウイルス加工を開始

株式会社白洋舍(本社東京、松本彰社長)は、新サービスとして「抗ウイルス加工(VB加工)」をはじめると発表しました。
http://www.hakuyosha.co.jp/news_files/upload_news_file/20200330172751_114329.pdf

VB加工は東京工業大学と慶應義塾大学発の合同ベンチャーとFSX株式会社(本社東京都国立市、藤波克之社長)の共同研究によって生まれた抗ウイルス・抗菌を安全に叶える特許技術を応用したもの。
この加工を施した衣類上のウイルスや菌を不活性化して働きを抑制し、お客さまに安心で清潔な生活を提供するとしています。

対象品は、水洗い可能な衣類(ワイシャツは除く)で、今後拡大を予定しているとのこと。加工料金はオリジナルクリーニング料金の50%(最低料金300円〜、税別)。2020年4月1日から、順次サービスを開始します。

2020年3月27日

ホワイトプラスが約15億円の資金調達

株式会社ホワイトプラス(本社東京、井下孝之社長)は、グロービス・キャピタル・パートナーズ株式会社、YJキャピタル株式会社、ラクスル株式会社の3社を引受先とした第三者割当増資と、みずほ銀行からの融資を合わせ、総額約15億円の資金調達を実施したと発表しました。
https://www.wh-plus.co.jp/2020/03/pr-20200327-2/

今回調達した資金は、同社が提供するネット型クリーニングサービス『リネット』のサービス基盤のさらなる拡充に向けて、エンジニア採用およびマーケティング投資にあてる予定。

今後、テレビCMを含むマーケティング施策により、ネット型クリーニング自体の認知を高めていくとともに、比例して増加する受注に向けた生産力拡張のためのシステム開発の強化や、サービスの利便性をさらに高めるためのアプリ開発強化を目的に、エンジニアの採用に注力していくとのこと。
また、検品の自動化をはじめとしたクリーニング工場における研究開発や生産効率化も推進し、クリーニング品質はもちろん、カスタマーサポートの接客品質向上や新サービス開発にも取り組み、お客様への一層質の高いサービスや感動体験の提供を実現していくとしています。

2020年3月26日

パターンオーダーでクリーニング券

株式会社ダイドーフォワード(本社東京、鍋割宰社長)は、ニューヨーカーウィメンズショップ(一部店舗のみ)で「PATTERN ORDER JUST YOUR STYLE FAIR」を4月1日より開催します。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000783.000003270.html

サイズや好みに合わせて、自分だけの1着を作る「ニューヨーカー パターンオーダー」のフェアは2020年4月1日から4月30日まで、ニューヨーカーウィメンズショップ37店舗で開催。

会期中、オーダーしたお客様に全国共通クリーニングギフト券500円をプレゼントします。

2020年3月24日

2月のチェーンストア販売、衣料品3.9%減

日本チェーンストア協会が2020年2月度の「チェーンストア販売統計」を発表しました。
http://www.jcsa.gr.jp/

会員企業数55社(店舗数10,548店)の販売データをまとめたもので、総販売額は9,376億2,117万円(前年比4.1%増)でした。
概況として2月は、食料品は農産品の相場安もあったが好調に推移。衣料品は気温が高かったこともあり動きが鈍かったが、住関品はまずまずの動きだったことから、総販売額の前年同月比(店舗調整後)はプラスとなった、としています。

衣料品を見てみると、販売金額は511億9,813万円で、前年同月比3.9%減でした。
部門別では、
紳士衣料  95億1,767万円(前年比7.3%減)
婦人衣料  148億8,622万円(前年比7.2%減)
その他衣料 267億9,424万円(前年比0.7%減)

紳士衣料は、ハーフコート、クルーセーター、トレーナー、トップス、ボトムはまずまずの動きだったが、スーツ、ジャケット、スラックス、ドレスシャツ、アウター、カジュアルシャツ、ポロシャツなどは不調だった。

婦人衣料は、ジャケット、ブラウス、ニット、長袖シャツ、アウター、トップス、ボトムなどの動きが良かったが、フォーマル、スラックス、カットソー、レギンスなどの動きは鈍かった。

その他衣料・洋品は、婦人インナー、スクール関連、マタニティ、手袋、ハンカチなど好調だったが、紳士・婦人・子供パジャマ、紳士・婦人肌着、ベビーインナー、ストッキングタイツ、婦人バッグ、傘などは不振だった。

2月の百貨店売上、衣料品15.9%減

日本百貨店協会が2020年2月の「全国百貨店売上高」を発表しました。
http://www.depart.or.jp/

調査対象百貨店75社206店のデータをまとめたもので、売上高総額は約3,661億円、前年同月比で12.2%減。5カ月連続のマイナスとなりました。
2月の特徴としては、新型コロナウイルスの影響拡大から、国内外顧客の集客・売上ともに厳しい状況が続き、入店客数も約1割減少した。特に国内においては外出自粛による消費マインドの低下が見られ、インバウンドでは1月27日以降の中国政府による団体海外旅行禁止、さらには春節の月ズレも大きく響いた。また暖冬により冬物商材の動きが鈍かった、としています。

衣料品を見てみると、売上高は951億725万3千円で、前年同月比15.9%減。5カ月連続のマイナスとなりました。
商品別では、
  • 紳士服・洋品 203億1,274万9千円 (前年比9.8%減)
  • 婦人服・洋品 605億4,195万2千円 (前年比17.8%減)
  • 子供服・洋品 77億2,623万3千円 (前年比15.5%減)
  • その他衣料品 65億2,631万9千円 (前年比15.5%減)
となっています。