ブログを含むクリーニングオンライン内の検索ができます

2018年12月30日

スカート、着用時の動作で破れ

株式会社フレームワークスはスカートの一部で生地が破れるおそれがあると発表しました。
http://www.baycrews.co.jp/importantinfo/2018/12/20181225.html

対象商品は2018年11月4日から11月27日までFRAMeWORK各店で販売した「SATIN SK サテンスカート」(品番:18-060-220-3130-4-0)。裾廻りが狭く、着用時の動作によって生地が破れてしまうことが判明したため、同社では修理、交換するとしています。

2018年12月28日

看護師支援ロボット、シーツ運搬などテスト

看護師を支援するロボット「Moxi」が、米国テキサス州の病院で初めての実地試験を終えました。CNET Japanが伝えています。
https://japan.cnet.com/article/35130363/

オースティンに本社を置くDiligent Roboticsが企画し、稼働中の病院で協働ロボットによる自動化の導入をテストすることが目的。
テストでは、入院キットを各患者室の外に設置された所定の箱まで運び、検査用の検体を検査室に届けたり、汚れたシーツなどが入った重たい袋を患者の部屋から洗濯エリアまで運んだりしたそうです。

今後6回のベータテストを予定しており、2019年下半期よりMoxiをフルタイムで病院に展開することを目指すとしています。

2018年12月27日

ナガイレーベンが第1四半期決算を発表

ナガイレーベン株式会社(本社東京、澤登一郎社長)が2019年8月期第1四半期決算の連結業績(2018年9月1日から11月30日)を発表しました。
http://www.nagaileben.co.jp/ir-statements/

それによると、
  • 売上高   :29億1,000万円(前年同期比5.2%減)
  • 営業利益  :6億3,100円(同21.1%減)
  • 経常利益  :6億5,200万円(同20.6%減)
  • 四半期純利益:4億4,700万円(同21.7%減)
でした。

決算短信によると、過去2年が11.0%、7.2%と更新物件の集中により高い伸び率であったことも影響し5.2%の減収となりましたが、ほぼ計画通りのスタートとなりました、としています。

資産運用EXPO、コイン事業投資の出展

第2回資産運用EXPOが2019年1月24日から26日まで、東京ビッグサイトで開催されます。
https://www.am-expo.jp/ja-jp.html

日本最大級の投資商品の総合展で、不動産、株式、保険、金など、投資商品が一堂に出展。コインランドリー事業関係として、株式会社TOSEI、株式会社ジーアイビー、株式会社mammaciao、株式会社リンク・ソリューションなども出展します。

2018年12月26日

「日本クリーニング新聞」1878号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2018年12月25日号(第1878号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 話題のシームレスダウン・処理方法を動画で共有
  • 平成30年の業界を表す一文字「考」
  • 2019年新年会情報
  • 道の駅にホテル〜地方再生、洗濯需要も
  • 「改正入管法」成立/外国人受入拡大も課題山積
  • 2018年を振り返る〜課題共有、大同団結へ着実な歩み
  • 品質研公開講座/苦情処理の心得や事例
  • 不入流・師範と師聖試験を開催

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2018年12月23日

クリーンファイターズ、Div.1の残留決定

2018ジャパンラグビー・トップイーストリーグDiv.1/Div.2昇降格順位決定戦の第2節「TOSENクリーンファイターズ山梨(Div.1:10位) 対 日立製作所 Sun Nexus(Div.2:2位) 」が12月23日、山梨市のTOSENグランドで行われました。試合は45対38でクリーンファイターズが勝ちました。
https://www.rugby.or.jp/senior/result/1366/

クリーンファイターズはトップイーストリーグDiv.1の残留が決まりました。

2018年12月22日

11月のチェーンストア販売、衣料品12.0%減

日本チェーンストア協会が平成30年11月度の「チェーンストア販売統計」を発表しました。
http://www.jcsa.gr.jp/

会員企業数58社(店舗数10,387店)の販売データをまとめたもので、総販売額は1兆625億1,329万円(前年比2.5%減)でした。
概況として、食料品は、農産品が昨年の相場高の反動もあり苦戦した。衣料品、住関品ともに気温が高めに推移したことから季節関連商品の動きが鈍く、総販売額の前年同月比(店舗調整後)は、マイナスとなった、としています。

衣料品を見てみると、販売金額は852億514万円で、前年同月比12.0%減でした。
部門別では、
紳士衣料  179億7,414万円(前年比13.4%減)
婦人衣料  235億7,885万円(前年比12.5%減)
その他衣料 436億5,216万円(前年比11.0%減)

紳士衣料は、ドレスシャツ、トレーナー、カジュアルパンツ、ポロシャツなどはまずまずの動きだったが、ダウンジャケット、コート、セーター、アウター、ボトムなどの動きは鈍かった。

婦人衣料は、フォーマル、スーツ、セーター、アウターなどはまずまずの動きだったが、ジャケット、コート、ニット、トレーナー、カジュアルパンツ、レギンスなどは苦戦した。

その他衣料・洋品は、婦人リラクシング、男児・女児トレーナー、女児ワンピース、ベビー用品、婦人バッグなどの動きは良かったものの、男児・女児ジャケット、女児ロングパンツ、婦人ブーツ、帽子、手袋、マフラーなどの動きは鈍かった。

11月の百貨店売上、衣料品4.5%減

日本百貨店協会が平成30年11月の「全国百貨店売上高」を発表しました。
http://www.depart.or.jp/

調査対象百貨店79社219店のデータをまとめたもので、売上高総額は約5,304億円、前年同月比で0.6%減。2カ月ぶりのマイナスになりました。
11月の特徴としては、高額品やインバウンド売上は好調だったものの、気温が高めに推移し、コートを中心とした重衣料など冬物商材の動きが鈍かったほか、土曜日1日減などのマイナス要因も響いた、としています。

衣料品を見てみると、売上高は1,601億7,130万1千円で、前年同月比4.5%減。5カ月連続のマイナスでした。
商品別では、
  • 紳士服・洋品 380億4,439万9千円 (前年比4.8%減)
  • 婦人服・洋品 1,022億8,004万8千円 (前年比3.9%減)
  • 子供服・洋品 94億2,216万7千円 (前年比7.3%減)
  • その他衣料品 104億2,468万7千円 (前年比7.0%減)
となっています。

2018年12月21日

逗子市、洗濯事業所跡で土壌・地下水汚染

神奈川県は12月20日、逗子市で環境基準を超えるテトラクロロエチレンが検出されたと発表しました。
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/d2t/prs/r2354700.html

逗子市逗子7丁目で土地所有者が自主的に土壌及び地下水調査を実施したところ、土壌から0.82mg/L、地下水から0.13mg/Lのテトラクロロエチレンが検出。ここには昭和42年3月から平成30年1月まで洗濯業を行う事業所があり、汚染の原因は特定できていませんが、建屋内でテトラクロロエチレンが使用されていたとのこと。

県は早急に当該土地周辺の地下水について調査を行い、周辺への影響を確認するとしています。

サニクリーン九州、長崎市のまちぶらプロジェクト認定

長崎市の「まちぶらプロジェクト認定事業」に、株式会社サニクリーン九州のサニエルお掃除隊が認定されました。
http://www.city.nagasaki.lg.jp/sumai/660000/666000/p032196.html

長崎おもてなしトイレ(民間事業者が市民や観光客が利用できるように開放しているまちなかの施設トイレ)12箇所のうち、希望する施設において年1回サニクリーン九州が日常清掃では取れない汚れ、においの除去によりきれいなトイレを復元するリセット清掃を実施するというもの。

2018年12月19日

クリーンファイターズ、昇降格順位決定戦まず1勝

2018ジャパンラグビー・トップイーストリーグDiv.1/Div.2昇降格順位決定戦の第1節「TOSENクリーンファイターズ山梨(Div.1:10位) 対 富士ゼロックス(Div.2:1位) 」が12月16日、山梨市のTOSENグランドで行われました。試合は36対24でクリーンファイターズが勝ちました。
https://www.rugby.or.jp/senior/result/1366/

次節は12月23日、クリーンファイターズは日立製作所 Sun Nexus(Div.2:2位)と対戦します(TOSENグランド)。

2018年12月18日

「日本クリーニング新聞」1877号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2018年12月15日号(第1877号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 新ドリームフォー21 in 関東ブロック
  • 全協/外国人技能実習の現状と課題
  • 外国人材活用スーパーセッション
  • 日本さわやかグループ〜接客コンテスト全国大会を開催
  • ぶんちゃん研/19年は「販促コンボ」で
  • 知識と技を磨く・学校&勉強会
  • クリーナーズ防炎/10年ぶりカーテン大手の「弘和」で発展を検証

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

ダウン、色移りの可能性

MARK STYLER株式会社は、jouetieブランドのダウンの一部で色移りの可能性があると発表しました。
https://www.mark-styler.co.jp/important/7.html

対象商品は2018年9月7日から11月29日まで販売したカラーフードダウン(品番:081850200501)。カラーはレッド。色移りが発生する可能性があることが判明したため、同社では交換、または返金対応するとしています。

2018年12月17日

コートの胸ポケット、接着が剥離

株式会社三陽商会は、THE SCOTCH HOUSE(ザ・スコッチハウス)のコートの一部で胸ポケットの接着が剥離するおそれがあると発表しました。
https://www.sanyo-shokai.co.jp/company/important/

対象商品は2018年10月中旬から12月上旬に販売したコート(品番F1C-59-831)。左右胸ポケットの内側袋部分の接着が剥離し、ポケット機能を損なう商品が混在していることが判明。同社では販売店、またはカスタマーサポートに連絡してほしいとしています。

ワタキューが優勝、ソフトテニス日本リーグ女子

ソフトテニスの日本リーグが12月14日から16日の3日間、愛知県・スカイホール豊田で行われ、女子はワタキューセイモアが3年ぶり2回目の優勝を果たしました。ソフトテニスマガジンが報じています。
https://www.softtennis-mag.com/20181217-22147/

日本リーグは男女各8チームによる総当たり戦で行われ、女子は第6戦で5勝同士のワタキューセイモアとヨネックスが戦い、ワタキューセイモアが勝って優勝を決めました。続くナガセケンコーとの最終戦も勝利し、全勝で女王になりました。

男子はNTT西日本が9年連続23回目の優勝。ワタキューセイモアは4位でした。

2018年12月14日

「クリーニング流通新聞」344号発行

クリーニング業界の業界紙「クリーニング流通新聞」2018年12月10日号(第344号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • CLV来場者1万人超える〜業界各団体がイベント協力
  • 全ク連・全協/スーパーセッション2018〜業界盛り上げる一歩に
  • 展示会写真レポート
  • 日本さわやかグループ・第10回接客コンテスト
  • 高級きもの洗いの「洗練」第1回オフ会を開催
  • C1ジャパンカップ2018〜中青会チームが優勝
  • スニーカーを新需要に

2018年12月13日

東急住宅リースとOKULABが業務提携

東急住宅リース株式会社と株式会社OKULABは業務提携し、12月17日より東急住宅リースが管理する賃貸住宅の入居者に向けOKULABの洗濯代行サービス「Laundry OUT(ランドリーアウト)」を優待価格にて提供すると発表しました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000026908.html

東急住宅リースが管理する賃貸住宅約9万戸のうち、約8割が首都圏に所在し、世帯は単身が約5割、DINKs世帯が3割と、多くの働く世代の方が入居しています。 OKULABは首都圏を中心にコインランドリーの運営管理やクリーニングの取次などの多様なランドリーサービスを展開し、より手軽で快適な洗濯ライフを提供しています。

両社は今回の業務提携を通じ、多忙な「働く世代」を中心とした多様なライフスタイルを応援していくとしています。

2018年12月11日

「日本クリーニング新聞」1876号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2018年12月5日号(第1876号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 東京展1万人以上来場で盛況
  • 速報・外国人材活用スーパーセッション
  • 大阪生衛組合/収益力向上応援連続セミナー
  • 機材商・関東支部〜活動に終止符を打つ
  • ふとん協会/北陸の黒川CLと日華化学訪問
  • プレイバック2018東京展
  • 東都フォルダー工業/元気が出る展示会9

【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2018年12月7日

10月のクリーニング代支出は464円、4.3%減少

総務省統計局の「家計調査報告(二人以上の世帯)」2018年10月分がまとまりました。

10月分の結果は、全国全世帯のクリーニング代支出額は464円で、前年の485円より4.3%減少。5月から6カ月連続で、月別では過去最低の金額となりました。
勤労者世帯も前年より3.8%減少して506円(前年526円)でした。

地方別では、
  • 北海道 470円(前年595円)
  • 東 北 613円(前年458円)
  • 関 東 503円(前年534円)
  • 北 陸 545円(前年566円)
  • 東 海 448円(前年426円)
  • 近 畿 400円(前年441円)
  • 中 国 433円(前年396円)
  • 四 国 264円(前年540円)
  • 九 州 426円(前年454円)
  • 沖 縄 99円(前年148円)
詳細はクリーニングオンラインのデータ集に掲載しています。
http://www.c-online.net/data/c_expense/index.html

2018年12月6日

「東京クリーニング界」830号発行

東京都クリーニング生活衛生同業組合の「東京クリーニング界」2018年12月号(第830号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • シームレスダウンの処理方法動画
  • イクメンにアイロンがけを伝授!
  • <投稿>第8ブロック・秋の味覚祭り開催
  • <投稿>第5ブロック・ボウリング大会を開催
  • 中小企業者の事業承継〜早めに対策を講じるのがオトクです
  • 消費生活センターに寄せられたクリーニングトラブルの傾向
  • 本部だより
【東京都クリーニング生活衛生同業組合のサイト】
http://www.tokyo929.or.jp/

2018年12月5日

ENEOS、サービスステーションにコイン併設

JXTGエネルギー株式会社(本社東京、大田勝幸社長)はサービスステーションでコインランドリー併設事業のトライアルを実施。1号店として、株式会社OKULAB(本社東京、久保田淳社長)が提供する「BALUKO LAUNDRY PLACE」を埼玉県春日部市のサービスステーションに設置すると発表しました。
https://www.noe.jxtg-group.co.jp/newsrelease/2018/20181204_01_1070022.html

同社はサービスステーションの利点である「好立地」と「地域密着」を活かし、新たな商品・サービスの提供を検討。共働き・高齢者世帯の増加などを背景に家事支援に対する社会のニーズは高まってきていることから、市場規模が着実に拡大しているコインランドリー事業をトライアルしたとのこと。

サービスステーションのスタッフがコインランドリーを管理することで、併設店ならではの付加価値となる、常にスタッフがいる安心と清潔な店舗の提供が可能としています。
また春日部店は店舗の前面に駐車することも可能で、布団や毛布を洗う場合にも、車から店舗へ移動しやすいようになっているとのこと。同店の設置機器は、洗濯乾燥機6台(うち2台は除菌・消臭機能付)、乾燥機7台、スニーカーランドリー1台。

2018年12月4日

NICEクリーニング、宅配便ロッカー設置

Packcity Japan 株式会社(本社東京、リュケ・ジャン・ロラン社長)は、NICEクリーニング・あかしあ通り店(東京都小平市)にクリーニング品受渡しサービスに活用できるオープン型宅配便ロッカー「PUDO ステーション」 を設置したと発表しました。
http://packcity.co.jp/sites/packcity.co.jp/files/20181203_packcity_japan_niyusuririsu_naisukurininguyang_.pdf

1台の宅配便ロッカーで荷物の受渡しとクリーニング品の受渡しを行うことができるもの。これにより、いつでもこ都合の良い時間に宅配便とクリーニング品の両方を受け取ることが可能となります。

2018年12月3日

花園、高校生ラグビーマンのために洗濯

全国高校ラグビー大会が12月27日に大阪・花園ラグビー場で開幕します。

この大会中、希望した出場チームの洗濯物を低価格で引き受けている東大阪市「ひかりやクリーニング」代表の寺師典重さんをRUGBY REPUBLIC(ラグビー共和国)が紹介しています。
https://rugby-rp.com/column.asp?idx=114372&page=1&code_s=10061011

お店はラグビー場と同じ東大阪市内にあり、1日おきの大会に合わせて即日仕上げ・お届けはもちろん、残念ながら負けてしまったチームには地方発送も行なっているとのこと。
全国大会が花園で開催されるようになってから、ずっと高校生ラグビーマンのためにクリーニングを行なっているそうで、この冬もリクエストのあった高校のために一生懸命に洗濯するとしています。

「洗濯の科学」251号発行

一般財団法人洗濯科学協会の「洗濯の科学」2018年11月号(第251号)が発行されました。


今号の内容は、
  • ハウスクリーニングの現状と課題について
  • ファブリックケア製品の香りの感性評価
  • ファッション流行情報(29)2018〜2019年秋冬傾向
  • シャツ型ウェアラブルの開発と現状
  • クリーニングの苦情事例(31)アルパカ繊維の飛び出し
  • クリーニング店の衛生管理
  • 自然素材でのんびりナチュラル・ライフ(49)進む家事の自動化
  • 2019年度 研究助成金の応募受付について
  • 編集後記

【洗濯科学協会のサイト】
http://www.foundation-f.com/~sentakukagaku/

2018年12月2日

「かなめ」407号発行

かなめ流通グループの情報紙「かなめ」2018年12月1日号(第407号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 「ガチャって爽快」好評発売中
  • 日東商事が新社屋を披露
  • IT導入補助金活用でSMSが導入しやすく
  • ぶんちゃんの販促道場
  • 商売のネタ帳/店舗ホームページの設置はマストですが...
  • 「他とはちがう!」地域に愛されるお店(上田市・クリーニングしまだ)
  • 資材REPORT(繊維製品ダメージチェック 等)
  • イタリア・ミラノのエキスポ・ディターゴ
【かなめ流通グループのサイト】
http://www.kaname-g.jp/

2018年12月1日

「東京国際クリーニング総合展示会」写真レポ公開

クリーニングオンラインの展示会特集で、2018年11月29日~12月1日に東京ビッグサイトで開催されたクリーンライフビジョン21「2018東京国際クリーニング総合展示会」の写真レポートを公開しました。
http://www.c-online.net/exhibit/clv2018/photoreport/index.html

展示会に行った人も、行かなかった人も、今年の全国展の雰囲気を感じ取っていただけたら幸いです。

冬場の衣類、クリーニングの回数は

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社(本社東京、李仁奎社長)は、20~70代の男女1,500人を対象に「冬場の衣類に関するアンケート」を実施しました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000023289.html

「ご自身の衣類で、ニオイが気になったことはありますか?」という質問に対して、「気になることがある」と回答した人は男性が56.8%、女性は65.6%と、とくに女性が高い数値で、自身の衣類のニオイが気になっていることが判明。それに対し、気にはしているものの男性87.7%、女性74.1%の大多数がニオイに対して対処はしていませんでした。

クリーニングに出す頻度については、ビジネススーツやコート・ブルゾンは「1シーズンに1回」の人が全体の63.2%と最も多く、「汚れやニオイが気になったら」28.9%、「月1回程」11.8%の順。
またクリーニング費用を「もっと安く済ませたい」と思っている人は80.3%で、「現在の支払額が妥当だと思う」とした人は15.9%でした。

「クリーニングニュース」836号発行

全国クリーニング生活衛生同業組合連合会の「クリーニングニュース」2018年12月号(第836号)が発行されました。


今号の内容は、
  • ユニクロ「シームレスダウン」のお取扱いについて
  • 秋の叙勲 厚生労働大臣表彰・中央会理事長表彰
  • 特集/第10回全国クリーニング大会 in 川越を開催
  • 情報ファイル(みのりの箱募金贈呈式を開催 など)
  • 平成29年度クリーニング施設数一覧
  • みんなの共済広場『自己紹介』
  • クリーニング師研修・業務従事者講習インフォメーション
  • 日本公庫の調査結果/クリーニング業の業況DI等
  • 青年部通信!〜「利用者意識調査」の普及・活用にむけた取組み
  • 衣料管理情報:フロック加工布の接着繊維の脱落
  • CLEANER'S VOICE〜読者のページ〜
  • 全ク連活動報告Diary(平成30年10月)
  • 「編集委員だより」・編集後記

【全ク連のサイト】
http://www.zenkuren.or.jp/