2020年1月29日

災害対応型コインランドリー、宇都宮に出店

株式会社ジーアイビー(本社名古屋市、鈴木衛社長)は「災害対応型コインランドリー」を2020年1月31日、カインズ宇都宮平出店に出店すると発表しました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000051381.html

エア・ウォーター株式会社がフランチャイズオーナーとなり、同社の強みとするLPガス非常用発電ソリューションを活用した、災害時の停電等にも対応する新しい形のコインランドリー。3日分のLPガスを貯槽できるLPガスタンク、ポータブル発電機や蓄電池、外部発電機への接続が可能な設備を完備しているとのこと。

2020年1月28日

「日本クリーニング新聞」1914号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2020年1月25日号(第1914号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • SDGsの時代へ対応!次世代フッ素系のテイアン/ジャヴス
  • 外国人技能実習事業説明会
  • 業界主要団体「新春」スピーチ特集
  • 繁忙期は高い料金にすべき?「業者の声」
  • 力こぶHD・スポーツ施設を開設
  • 消費生活年報2018・苦情相談
  • ラクナが韓国3大企業視察を企画
  • 本紙主催・ニューヨーク視察記(4)
【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2020年1月27日

ファミマランドリー、東海・関西地方へ出店

株式会社ファミリーマート(本社東京、澤田貴司社長)は、ファミリーマートとコインランドリーサービスを融合させた、次世代のコインランドリー「Famima Laundry(ファミマランドリー)」の出店を東海地方、関西地方でも開始します。
https://www.family.co.jp/company/news_releases/2020/20200124_01.html

Famima Laundryは2018年3月に1号店がオープン。現在、首都圏と札幌で計9店舗展開しています。
今回、東海地方1号店として「Famima Laundry木場店」(名古屋市)が2020年1月31日に開店、関西地方1号店として「Famima Laundry淡路こえなみ店」(兵庫県南あわじ市)が2月6日に開店します。

黄ばんだ枕は健康被害も?

最後に枕を洗濯したのはいつですか? 黄ばんだ「枕」は健康被害を及ぼすことも... Esquire(エスクァイア日本版)が洗い方とポイントを掲載しています。
https://www.esquire.com/jp/menshealth/wellness/g30636874/how-to-wash-pillows/

ただ寝ているだけで、カバーをしていたとしても、枕も汚れます。そして、毎晩使っているうちに枕が吸収した物質が、ダニやバクテリアにとって最適な環境をつくってしまうとのこと。枕を定期的に洗うことで枕を長持ちさせ、さらに快適な睡眠も得られるとし、
記事では枕の洗い方、乾燥方法、買い替えどきなどを紹介しています。

2020年1月24日

FC最新動向など、船井総研がセミナー

船井総合研究所は2月10日、セミナー「自社事業を強いFC業態に磨き上げ3年以内プラス100店舗達成」を開催します。
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/055889

今回のセミナーでは、フランチャイズビジネスの最新動向や優れたフランチャイズビジネスモデルの正しい作り方などが学べるとのこと。株式会社wash-plusの高梨社長がコインランドリーのFC本部化などについて講演します。
講座内容は、
  • フランチャイズビジネスの最新動向(船井総合研究所 シニア経営コンサルタント 吉田創氏)
  • 【最新】FC本部化成功事例(wash-plus 代表取締役 高梨健太郎氏)
  • どうやって有力FC本部に?実践手法(船井総合研究所 チーフ経営コンサルタント 渡邉俊祐氏)」
  • 本日のまとめ・すぐ実践いただきたいこと(船井総合研究所 事業イノベーション支援部部長 下田寛氏)
会場はフクラシア東京ステーション。

2020年1月23日

2019年のチェーンストア販売まとまる

日本チェーンストア協会は「2019年1月〜12月チェーンストア販売概況」を発表しました。 2019年の売上高総額は約12兆4,324億円で対前年比(店舗数調整後)で1.8%減でした。
https://www.jcsa.gr.jp/public/data/R01_rekinen.pdf

衣料品を見てみると、売上高は8,797億2,610万円で、前年比7.1%減。
商品別では、
紳士服・洋品    1,611億4,002万円(前年比10.6%減)
婦人服・洋品    2,393億9,782万円(前年比8.9%減)
その他の衣料・洋品 4,791億8,826万円(前年比4.9%減)
となっています。

12月のチェーンストア販売、衣料品7.6%減

日本チェーンストア協会が2019年12月度の「チェーンストア販売統計」を発表しました。
http://www.jcsa.gr.jp/

会員企業数55社(店舗数10,550店)の販売データをまとめたもので、総販売額は1兆1,883億9,655万円(前年比3.3%減)でした。
概況として12月は、食料品、衣料品、住関品は気温が高めで推移したこともあり季節商品を中心に動きが鈍かったことから、総販売額の前年同月比(店舗調整後)は、マイナスとなった、としています。

衣料品を見てみると、販売金額は810億5,372万円で、前年同月比7.6%減でした。
部門別では、
紳士衣料  149億6,103万円(前年比11.9%減)
婦人衣料  189億9,605万円(前年比8.1%減)
その他衣料 470億9,664万円(前年比5.9%減)

紳士衣料は、ドレスシャツ、カーディガン、トレーナー、ポロシャツなどはまずまずの動きだったが、スーツ、ジャケット、コート、スラックス、アウターなどは苦戦した。

婦人衣料は、フォーマル、セーター、カジュアルシャツ、トップスなどはまずまずの動きだったが、スラックス、ニット、ボトム、カットソー、アウターなどの動きは鈍かった。

その他衣料・洋品は、紳士・婦人パジャマ、女児服、ベビー用品、スクール関連、レイングッズなどの動きは良かったものの、紳士・婦人肌着、子供パジャマ、婦人ストッキングタイツ、帽子・手袋、ひざ掛け、婦人ブーツなどの動きは鈍かった。

2020年1月22日

2019年の百貨店売上まとまる

日本百貨店協会は2019年1〜12月の「全国百貨店売上高速報」を発表しました。
2019年の売上高総額は約5兆7,547億1,496万4千円で対前年比(店舗数調整後)で1.4%減でした。

衣料品を見てみると、売上高は1兆6,833億6,886万7千円で、前年比4.0%減。
商品別では、
紳士服・洋品 3,643億2,508万4千円 (前年比4.7%減)
婦人服・洋品 1兆791億987万円 (前年比3.6%減)
子供服・洋品  1,271億1,545万5千円 (前年比5.5%減)
その他衣料品  1,128億1,845万8千円 (前年比4.1%減)
となっています。

12月の百貨店売上、衣料品8.2%減

日本百貨店協会が2019年12月の「全国百貨店売上高」を発表しました。
http://www.depart.or.jp/

調査対象百貨店76社208店のデータをまとめたもので、売上高総額は約6,404億円、前年同月比で5.0%減。3カ月連続のマイナスとなりました。
12月の特徴としては、依然、消費増税後の反動が残る中、一部商材に回復傾向が見られたものの、暖冬で主力の重衣料等冬物商材が苦戦したほか、土曜・祝日2日減、さらには円高等によるインバウンドの不調などマイナス与件が重なった、としています。

衣料品を見てみると、売上高は1,595億549万9千円で、前年同月比8.2%減。3カ月連続のマイナスとなりました。
商品別では、
  • 紳士服・洋品 395億2,051万5千円 (前年比9.8%減)
  • 婦人服・洋品 1,003億294万3千円 (前年比6.9%減)
  • 子供服・洋品 98億4,480万7千円 (前年比11.2%減)
  • その他衣料品 98億3,723万4千円 (前年比11.5%減)
となっています。

2020年1月21日

家庭の排水を再利用できる浄水タンク

家庭用の排水リサイクルの浄水タンクをGIZMODOが紹介しています。
https://www.gizmodo.jp/2020/01/hydraloop.html

オランダ・HYDRALOOP社が発売している「HYDRALOOP」は家庭内の排水85%を再利用し、消費量を最大45%節約できる浄水タンク。好気性バイオリアクターやUV消毒などを使い、フィルターや化学薬品を使わない独自技術を搭載。6段階の浄水プロセスで、排水をいくつもの国際基準に適合する水質にできるとのこと。

容量は300Lで、処理能力は1日あたり530L。家庭用ですが、大きな施設では複数導入することで節水効果が期待できそうです。

2020年1月20日

「Linen Plant」30号発行

テキスタイルレンタルの専門情報誌「Linen Plant」2020年冬季号(第30号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • ATA導入、タオル1ラインを無人化/トーカイ
  • TOSENガス乾燥機「GET-60」導入/マルセンクリーニング
  • クランプ方式でピロー投入が変わる!!/東京航空クリーニング
  • ロボット&AIによる先進的省力化/ヤブサメ-JENSEN-Inwatec
  • 手間なし!清潔!低価格!安全!/ファンワールド
  • ユニフォームディスペンサーとの連携開始/ABSランドリービジネスソリューションズ
  • リネンサプライ専用ソフトで管理業務の負担軽減/アクティブ
  • 労働生産性の低い日本の産業/EID SYSTEM
  • ロール仕上げの重要ポイント/共栄産業
  • SUPPLIER'S NEWS
  • ローコスト高生産工場のつくり方(ケーエスシー・北川幸一)
  • リネン工場の現場改善&生産管理術(エムアイイーシーシステム研究所・伊藤良哉)
【ゼンドラ/ザ・サプライヤーのサイト】
https://www.zendora.co.jp/service/supplier/

ネックウォーマー、色移りの可能性

株式会社ユナイテッドアローズは、ネックウォーマーの一部で色移りの可能性があると発表しました。
https://www.united-arrows.co.jp/info/2020/01/083366.html

対象商品は2019年10月29日から12月24日に販売した「ネックウォーマー」(品番1436-699-1850)のダークグレー、ダークブラウン色。
着用時に別の衣類等へ色移りする可能性があるため、同社では販売各店舗、もしくはカスタマーサービスデスクまで連絡してほしいとしています。

2020年1月18日

「日本クリーニング新聞」1913号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2020年1月15日号(第1913号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 全協/設立50周年記念で台湾旅行「感謝キャンペーン」
  • TeMA・CAキャラバンキックオフ!!
  • 11月CL代〜勤労者世帯中心に健闘
  • 持ち帰りビニール袋・半数が「既に有料化」
  • 本紙主催・ニューヨーク視察記(3)
  • 令和の事故防止へディスカッション/日繊ク協交流会議
  • 特集:イチオシ商材紙上展
  • さっぱり洗い365研究会〜ワンランク上の技術学べ
【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2020年1月16日

クリーニング工場で配管破損、重油が流出

滋賀県のクリーニング工場から重油が漏れ、一部が川に流れ込んだと京都新聞が報じています。
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/126709

滋賀県の発表によると、1月15日、甲賀市水口町のクリーニング工場の燃料タンクから重油が漏れ、一部が側溝や水路を通じて野洲川に流れ込みました。住民や消防からの通報で周辺水路にオイルマットを設置し、側溝の高圧洗浄など流出防止措置を実施。

重油はボイラー用で流出量は最大400リットルとみられ、タンクの古い配管が破損したのが原因。野洲川で一時油臭がしたものの、油膜は確認されていません。飲み水への影響はないとしています。

合格祈願クリーニング、白洋舎が受験生を応援

株式会社白洋舎(本社香川県高松市、鵜川俊英社長)は「招福(服)・合格祈願クリーニング」を実施しています。
http://www.hakuyosha-gp.co.jp/a17878.html

2008年から行なっているキャンペーンで、期間中、学生服のクリーニング料金が20%OFFになるほか、滝宮天満宮で合格祈願した開運絵馬と鉛筆をプレゼント。
キャンペーン期間は2019年12月20日から2020年3月末まで。

2020年1月15日

CVSベイエリアが第3四半期決算を発表

株式会社シー・ヴイ・エス・ベイエリア(本社千葉市、上山富彦社長)が2020年2月期第3四半期決算の連結業績(2019年3月1日から11月30日)を発表しました。
http://www.cvs-bayarea.co.jp/ir/results.html

それによると、
  • 営業総収入 :79億7,800万円 (前年同期比4.5%減)
  • 営業利益  :5,100万円 (同28.7%減)
  • 経常利益  :2億2,100万円 (同237,3%増)
  • 四半期純利益:2億1,500万円 (同94.9%減)
でした。

決算短信によると、クリーニング事業については、マンションフロントやコンビニエンス・ストア店舗、社員寮においてクリ ーニングサービスを提供しているほか、法人向けサービスとして、マンション内のゲストルームやホテルなどにおけるリネンサプライに加え、自社工場と商品管理センターによる、ユニフォームのクリーニングからメンテナンス、在庫管理までを一元管理するトータルサービスの拡大を進めています。
リネンサービスにおいて、大口受注先へのサービス提供が2019年5月末で終了したことなどにより、売上高は減少した一方、業務効率化による経費削減を進めたことから、セグメント利益は増益となりました。
この結果、クリーニング事業収入9億2,100万円(対前年同期比6.8%減)、セグメント利益4,800万円(同1.9%増)でした。

「クリーニング流通新聞」357号発行

クリーニング業界の業界紙「クリーニング流通新聞」2020年1月10日号(第357号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 消費者意向に合わせて変化〜時代に合った新需要創造を
  • 新春イベント情報
  • ふとんCL協会〜丸八真綿クリニック工場とホームドライ・浜松見学
  • 年頭所感
  • 販促用で新事業スタート/ブルースパイス
  • 外国人3年実習に道筋 サポーター数達成を報告/全協・新年会で
  • CA全国キャラバン第1回・スタッフの接客と教え方学ぶ

2020年1月14日

アイナックス稲本、情報誌第9号発行

アイナックス稲本株式会社は洗いに関わる情報誌「I-POST」2019年12月号(第9号)を発行しました。


今号の主な内容は、
  • 『愛とひらめきミウラフェア』ご来場ありがとうございました!
  • 工場全体の生産管理
  • 単胴連洗NCP50導入事例/白洋舍リネンサプライ千葉事業所様
  • IRT/HPシリーズ バージョンアップ
  • 拠点紹介〜製造部/生産管理部/生産設計部

タカノ、洗濯工房えんどうと業務提携

株式会社オートランドリータカノ(本社仙台市、高野十社長)と洗濯工房えんどう(本社福島県喜多方市、遠藤公一社長)が業務提携したと福島民友新聞が伝えています。
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20200114-450113.php

タカノが受注した仙台市内約40事業所の制服関係のクリーニング業務を洗濯工房えんどうが請け負うとのことで、えんどうは新たに5人を雇用。今後も仕事は増える予定で、さらに雇用を考えているとしています。

高野社長と遠藤社長は1月10日、喜多方市役所を訪れ、遠藤忠一市長に業務提携を報告しました。

2020年1月11日

札幌、工場跡地から有害物質

札幌市中央区のクリーニング工場跡地から基準値を超える有害物質が確認されました。HBC北海道放送が報じています。
http://news.hbc.co.jp/3058682d469b7987f6735916a605a16b.html

札幌市によるとクリーニング会社が去年7月に工場を廃止した後、土や地下水の調査をしたところ、溶剤に含まれるテトラクロロエチレン、トリクロロエチレン、1、2ージクロロエチレンが基準値を超えて確認されました。周辺の地下水の有害物質は基準値未満で、影響は見られないということです。

市は溶剤が地下に浸透したことが原因とし、クリーニング会社に対し地下に鉄板を入れるなど、有害物質を封じ込める対策をするよう求めたとのこと。

要措置区域(札幌市告示)
https://www.city.sapporo.jp/kankyo/dojo_osen/documents/20200109142514.pdf

2020年1月10日

11月のクリーニング代支出は436円、0.5%増加

総務省統計局の「家計調査報告(二人以上の世帯)」2019年11月分がまとまりました。

11月分の結果は、全国全世帯のクリーニング代支出額は436円で、前年の434円より0.5%増加。勤労者世帯も前年より5.3%増加して496円(前年471円)でした。
いずれも10月としては過去最低金額となりました。

地方別では、
  • 北海道 433円(前年461円)
  • 東 北 447円(前年511円)
  • 関 東 516円(前年443円)
  • 北 陸 343円(前年748円)
  • 東 海 358円(前年360円)
  • 近 畿 352円(前年448円)
  • 中 国 421円(前年270円)
  • 四 国 511円(前年349円)
  • 九 州 411円(前年443円)
  • 沖 縄 232円(前年71円)
詳細はクリーニングオンラインのデータ集に掲載しています。
http://www.c-online.net/data/c_expense/index.html

2020年1月9日

ダウンパーカ、品質表記に誤り

株式会社ビームスは、ダウンパーカの一部で品質表記に誤りのある商品が混在していたことが判明したと発表しました。
https://www.beams.co.jp/company/information/detail/414

対象商品は2019年10月8日から10月31日まで販売した「ARC’TERYX ダウンパーカ」(品番11-18-5234-729)。
製品に縫い付けられている「品質表示の中わた素材と混率表記」が、表地:ナイロン100%、裏地:ナイロン100%、中わた:ポリエステル100%となっていますが、正しくは「表地:ナイロン100%、裏地:ナイロン100%、中わた:本体ダウン90%、フェザー10%、その他ポリエステル100%」。
同社では商品回収の上、正しい表記の商品を送るとしています。

「産業機械」誌で業務用洗濯機を特集

日本産業機械工業会は機関誌「産業機械」2019年12月号をサイトに掲載しました。
https://www.jsim.or.jp/publication/journal/

今号では「業務用洗濯機」を特集しています。特集内容は次の通り。

【巻頭座談会】
業務用洗濯機業界の未来に向けて取り組むべき課題について考える
  • 業務用洗濯機部会 部会長 三科道利氏
  • 業務用洗濯機部会 副部会長 鈴木孝則氏
  • 業務用洗濯機部会 監査役 飯田正則氏
【技術、製品等紹介】
  • 洗濯水リサイクル装置によるリネンサプライ工場での省エネ(アイナックス稲本)
  • 「ユニフォーム洗浄前ポケット検査新システム」の紹介(アサヒ製作所)

2020年1月7日

きょくとうが第3四半期決算を発表

株式会社きょくとう(本社福岡市、牧平直社長)が2020年2月期第3四半期の業績(2019年3月1日から11月30日)を発表しました。
http://www.cl-kyokuto.co.jp/ir/

それによると、
  • 売上高   :53億1,200円(前年同期比1.4%減)
  • 営業利益  :2億6,500万円(同36.4%減)
  • 経常利益  :3億3,900万円(同32.9%減)
  • 四半期純利益:2億400万円(同33.0%減)
でした。

決算短信によると、営業面では2019年3月1日より新商材として「スニーカークリーニング」をスタートし、全国の主要工場に専用の水洗機・乾燥機を配備。
2019年5月16日には、事業の一部譲受けにより東京23区内に19店舗、 埼玉県新座市に1店舗を取得し、これらの取得店舗からの持ち込みに対応するため、2019年7月1日に当社板橋プラントの2階に生産拠点として「板橋アネックス」工場を設営。2019年10月1日にはM&A第2弾として、同地区に更に4店舗を取得し、関東の営業基盤を強化しました。
また「無人お渡しシステム」は設置台数が当第3四半期累計期間末で35店舗となり、11月には、店頭の「お預り」と「お引き取り」の両方に対応できる「無人受付システム」の試験導入を始めました。
キャッシュレス決済ができる店舗は500店を超えました。

その一方で、事業の効率化のため、2019年6月1日に広島県の尾道プラントにおける生産と同プラントが管轄する店舗を福山プラントに統合し、2019年9月1日に大阪市の大正工場の生産と同工場が管轄する店舗を住之江工場に統合しました。
店舗政策は、スクラップ&ビルドを進めた結果、当第3四半期累計期間末の店舗数は615店舗(前事業年度末に比べて23店舗の減少)となりました。

以上の結果、当第3四半期累計期間の業績は、諸々の施策に取り組みましたが、暖冬の影響を受けてコートを中心とした重衣料の入荷が不調であったこと、春場の最需要期に超大型連休へ家計支出が流れたこと、また、夏場から天候不順や記録的な台風続きで店頭持ち込み機会を失ったことなどの影響を受けて、減収・減益なりました。

2020年1月6日

サクマドロップスが“缶”燥機に、フレディレック

カフェ&コインランドリー「フレディ レック・ウォッシュサロン」(株式会社藤栄、岩井重樹社長)は、ブランドの日本展開10周年を記念したコラボレーション企画の第2弾として「フレディ サクマドロップス」を、フレディ レック・ウォッシュサロン限定で1月4日より発売しました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000043462.html

同店と同じく目黒区中央町に本社があるサクマ製菓株式会社と、ローカルコミュニティとして一緒につくったもので、洗濯中のおやつにはもちろん、ちょっとしたお土産にもおすすめとしています。



2020年1月5日

「日本クリーニング新聞」1912号発行

クリーニング業界の業界紙「日本クリーニング新聞」2020年1月5日号(第1912号)が発行されました。

今号の主な内容は、
  • どうなる令和2年・前半商戦ヤマは2回か
  • ホーム分野の外国人実習生在留延長がGO!
  • 2020年頭提言「今一度足下を見つめて」毛利春雄
  • 中青会・収益力パワーアップセミナー好評で3地区追加
  • シフォングループ/関東で研修活動を開始
  • 業の将来睨んで「インパクト70」導入/はりせいクリーニング
  • さくら事業協同組合〜外国人実習生に「選ばれるクリーニング」になる
  • 年頭所感
【日本クリーニング新聞のサイト】
http://www.nicli.co.jp/

2020年1月3日

「東京クリーニング界」843号発行

東京都クリーニング生活衛生同業組合の「東京クリーニング界」2020年1月号(第843号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 新年のご挨拶
  • 年頭所感
  • 生衛業フェアに出展〜ホテル・旅館組合とコラボ
  • 第5ブロック講習会/事故品展示会を開催
  • クリーニング師試験・受験準備講習会を開催
  • ソープ濃度管理について
  • クリーニング施設数/東京都も総数1万件下回る
  • 本部だより
【東京都クリーニング生活衛生同業組合のサイト】
http://www.tokyo929.or.jp/

2020年1月2日

「かなめ」420号発行

かなめ流通グループの情報紙「かなめ」2020年1月1日号(第420号)が発行されました。


今号の主な内容は、
  • 年頭所感
  • かなめ会員機材商の講習会
  • 父たちのように二人三脚で/なかざとランドリー(東京)
  • 資材REPORT(ツー・エム化成/IMPACT70 導入サポートを開始)
  • 酒井化学が80周年祝賀会〜社員一丸、100年企業へ
  • ぶんちゃんの販促道場(石井康裕)
  • 商売のネタ帳(高橋透)
  • 3月にテキスタイルケアシンポジウムを東京と福島で開催
【かなめ流通グループのサイト】
http://www.kaname-g.jp/

2020年1月1日

「クリーニングニュース」849号発行

全国クリーニング生活衛生同業組合連合会の「クリーニングニュース」2020年1月号(第849号)が発行されました。


今号の内容は、
  • 2020年 年頭所感
  • 特集/クリーニング業のICT活用促進セミナー(福岡)
    ICT×収益アップセミナー
  • 情報ファイル(第5回理事会を開催 など)
  • 平成30年度クリーニング施設数一覧
  • みんなの共済広場『佳き晴れ舞台のために』
  • クリーニング師研修・業務従事者講習インフォメーション
  • 技術部会「ドライ溶剤中の水分量を適性に保つためのソープ濃度管理」
  • 青年部通信!2020年 年頭所感
  • 衣料管理情報:衣類害虫による食害
  • CLEANER'S VOICE〜読者のページ〜
  • 全ク連活動報告Diary(令和元年11月)
  • 「編集委員だより」・編集後記
  • クリーニング検索ガイド
【全ク連のサイト】
http://www.zenkuren.or.jp/

謹賀新年2020

あけましておめでとうございます。
旧年中はクリーニングオンラインにアクセスしていただきありがとうございました。

今年もさらに多くの価値ある情報をお伝えできたらと思っています。
本年も宜しくお願い申し上げます。