ブログを含むクリーニングオンライン内の検索ができます

2016年9月21日

8月の百貨店売上、衣料品10.7%減

日本百貨店協会が平成28年8月の「全国百貨店売上高」を発表しました。
http://www.depart.or.jp/

調査対象百貨店81社236店のデータをまとめたもので、売上高総額は約4,092億円、前年同月比で6.0%減。6カ月連続のマイナスとなりました。
8月の特徴としては、端境期における顧客への動機付けが弱かったことに加え、東西での不安定な天候が入店客数へ影響したことと休日1日減なども重なり、非常に厳しい商況に終わった。商品別では回復の兆しが見えない婦人服をはじめ、紳士服、子供服が揃って大きく数字を落とした、としています。

衣料品を見てみると、売上高は1,105億9,590万4千円で、前年同月比10.7%減。10カ月連続のマイナスとなりました。
商品別では、
  • 紳士服・洋品 201億6,351万8千円 (前年比9.6%増)
  • 婦人服・洋品 724億131万1千円 (前年比10.9%減)
  • 子供服・洋品 80億8,323万1千円 (前年比12.7%減)
  • その他衣料品 99億4,784万4千円 (前年比9.7%減)
となっています。