ブログを含むクリーニングオンライン内の検索ができます

2018年10月11日

8割近くが洗濯時に表示確認

株式会社enish(本社東京、安徳孝平社長)とライオン株式会社(本社東京、濱逸夫社長)は、enishのファッションレンタルサービス『EDIST. CLOSET』を利用している女性に向けて洗濯に関する意識調査を行いました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000307.000012086.html

『洗濯はどのくらいの頻度で行いますか?』という質問に、「毎日」と回答した人は56.6%、「週5~6回」11.4%、「週3~4回」18.0%でした。

『洗濯する前に衣類の洗濯表示は確認しますか?』と聞いたところ「確認する」76.8%。残りの約2割の人が「確認していない」としています。

『過去に洗濯によってお洋服が傷んだ経験はありますか?』との設問では「傷んだことがある」と答えた人が92.2%と、ほとんどの人が洋服の傷みを経験していました。具体的な傷み(ダメージ)としては第1位「縮み」、第2位「色落ち」、第3位「ほつれ」の順でした。