ブログを含むクリーニングオンライン内の検索ができます

2015年8月1日

漂白剤と界面活性剤を水溶性ポリマーのカプセルに

バテル記念研究所(米国オハイオ州コロンバス)は、漂白剤と界面活性剤を水溶性ポリマーのスマートカプセルに閉じ込めた「BATTELLE Smart Laundry Capsule™」を発表しました。
https://www.value-press.com/pressrelease/146199

「BATTELLE Smart Laundry Capsule™」は、相反する性質の材質同士を安定的に存在させることができるバテルのマイクロカプセル技術を使用し、洗濯用洗剤の主成分である界面活性剤をカプセルの中に閉じ込めています。このカプセルはpH値の変化によって溶解する生分解性の特殊なポリマーでできており、理想的なpH値で漂白剤をリリース。ワンステップで高効率な漂白力を実現するというもの。

pH値の変化によって溶解のタイミングを調整できるというこの特殊なポリマーの技術は、洗濯用洗剤だけでなく、 さまざまな分野で利用することができるとしています。