ブログを含むクリーニングオンライン内の検索ができます

2017年1月25日

障害者を最低賃金下回り働かせた疑い

知的障害のある従業員を最低賃金を大きく下回る給料で住み込みで働かせていたとして、労働基準監督署は東京・八王子市のクリーニング会社を最低賃金法違反などの疑いで書類送検しました。NHKが報じています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170125/k10010852741000.html

八王子労働基準監督署によると、この会社はおととし8月、知的障害のある従業員3人を最低賃金を大きく下回る給料で働かせていたとして、最低賃金法違反などの疑いが持たれているとのこと。
住み込みで1週間に40時間以上工場で仕事をし、週に2,000円から4,000円しか支払われていなかったとしています。時給に換算すると50円から100円ほどで、当時の東京の最低賃金は時給888円でした。